2学期初日。すでにこどもたちは、教室に入り、前の机に作品を置いている。


指示1  前の机に置いている自分の作品を取りに来なさい。作品は机の上に置きます。


 こどもたちは、「どうして」という顔をしながら、作品を取りに来る。

 ここから、チェック表を活用する。
 チェック表を見ながら、

指示2  ○○のポスターを書いた人は立ちなさい。

  ここで、立った子を見ながら、チェック表に素早く○をつける。


指示3  ポスターの名前と自分の名前が書いてあるのを確かめた人から、前に持ってきなさい。


  机の上に乱雑に置かれていると、ポスター名、氏名のチェックがとても大変になる。こどもたちは、自分の氏名を書くのもよく忘れる。だから、書いてないものとして、きちんと落ち着いたところで確実にチェックしていく。


 以下、最後の作品まで、これを繰り返す。こどもたちは2つ目あたりで手順をつかみ、自分の番が来るまでに、作品の裏をチェックして、氏名などを書き込むようになる。そうすると、スピードはさらにあがる。
 私の学級は3年生16名である。全てのチェックが5分ほどですんだ。放課後の作品整理の必要もなくなった。


戻る

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません

ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp