(C)Two-way/小学校/体育/運動会/低学年/運動会競技



学年競技の練習を2日で終わらせる


TOSS大和/福原正教


運動会の練習でふだんの授業時間はかなり削られてしまいます。運動会の練習の中でも比較的こちらの自由のきく低学年練習を1時間でも切りつめようと四苦八苦した様子です。



 

低学年(1年〜3年) 合計32人で実施。

低学年の競技
 ・個人競技・・・・「おさんぽコロコロ」(小松和重氏の実践から) 
 ・団体競技・・・・「タイムカプセルは永遠に」
 ・リレー・・・・・・・「バトンは続くよいつまでも」


事前の準備

 この3つの競技を並び順もふくめて、2日で指導するのはかなり厳しい。(低学年ということもある)
 そこで、3年生(自学級)のこどもたちには、あらかじめ低学年の競技とは知らせないで、体育の時間に準備運動としてしくんでおいた。
 授業時間を確保するための工夫なのに、ここで1時間をとるのはどうかとも思ったが、あえてこうした。理由は3つ。
 @ 運動会の練習が続き、純粋な体育の時間が取れていなかった。体育の授業をすると思えば1時間はおしくもないし、こどもたちのガス抜きにもなる。
 A 競技をするといっても、並び順、入場門からの入場などの雑事は行わなくてよく、純粋に競技を運動として楽しめる。
 B 3年生だけということもあり、各自でドリブルの練習、フープをひっぱる練習、ボールをまとにあてる練習と、運動量を確保できる。体育の時間としての意義は十分にあるはず。

 一番年長の3年生が競技の内容を理解しているというのは大きく、見本や準備に力を発揮してくれた。これも、時間の軽減につながった。


1日目の指導


2日目の指導

               前のページにもどる インターネットランドへ メール

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません

ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp