百人一首詠み札 正しい詠み方   ピンクの部

○ なげけとて つきやはものを おもは(わ)する かこちがほ(お)なる わがなみだかな

○ こぬひとを まつほのうらの ゆふ(う)なぎに やくやもしほ(お)の みもこがれつつ

○ もろともに あは(わ)れとおもへ(え) やまざくら はなよりほかに しるひともなし

○ たかさごの を(お)のへ(え)のさくら さきにけり とやまのかすみ たたずもあらなむ(ん)

○ ながからむ(ん) こころもしらず くろかみの みだれてけさは ものをこそおもへ(え)

○ かくとだに えやはいぶきの さしもぐさ さしもしらじな もゆるおもひ(い)

○ ありまやま ゐ(い)なのささはら かぜふけば いでそよひとを わすれやはする

○ うらみわび ほさぬそでだに あるものを こひ(い)にくちなむ(ん) なこそを(お)しけれ

○ たれをかも しるひとにせむ(ん) たかさごの まつもむかしの ともならなくに

○ しのぶれど いろにいでにけり わがこひ(い)は ものやおもふ(う)と ひとのとふ(う)まで

○ かぜをいたみ いは(わ)うつなみの おのれのみ くだけてものを おもふ(う)ころかな

○ たちわかれ いなばのやまの みねにおふ(う)る まつとしきかば いまかへ(え)りこむ(ん)

○ ふくからに あきのくさきの しを(お)るれば むべやまかぜを あらしといふ(う)らむ(ん)

○ やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもへ(え)

○ あきのたの かりほのいほ(お)の とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ

○ たごのうらに うちいでてみれば しろたへ(え)の ふじのたかねに ゆきはふりつつ

○ つくばねの みねよりおつる みなのがは(わ) こひ(い)ぞつもりて ふちとなりぬる

○ よのなかよ みちこそなけれ おもひ(い)いる やまのおくにも しかぞなくなる

○ ながらへ(え)ば またこのごろや しのばれむ(ん) うしとみしよぞ いまはこひ(い)しき

※ くっつきの「は」についてはなおしておりません。ご注意ください。

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません

ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp