百人一首詠み札 正しい詠み方   緑の部

○ わがいほ(お)は みやこのたつみ しかぞすむ よをうぢ(じ)やまと ひとはいふ(う)なり

○ はなのいろは うつりにけりな いたづ(ず)らに わがみよにふる ながめせしまに

○ ちはやぶる かみよもきかず たつたがは(わ) からくれなゐ(い)に みづ(ず)くくるとは

○ わびぬれば いまはたおなじ なには(わ)なる みをつくしても あは(わ)(ん)とぞおもふ(う)

○ を(お)ぐらやま みねのもみぢ(じ)ば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなむ(ん)

○ こころあてに を(お)らばやを(お)らむ(ん) はつしもの おきまどは(わ)せる しらぎくのはな

○ ひとはいさ こころもしらず ふるさとは はなぞむかしの かににほ(お)(い)ける

○ なつのよは まだよひ(い)ながら あけぬるを くものいづ(ず)こに つきやどるらむ(ん)

○ わすらるる みをばおもは(わ)ず ちかひ(い)てし ひとのいのちの を(お)しくもあるかな

○ こひ(い)すてふ(ちょう) わがなはまだき たちにけり ひとしれずこそ おもひ(い)そめしか

○ ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ すゑ(え)のまつやま なみこさじとは

○ わすれじの ゆくすゑ(え)までは かたければ けふ(きょう)をかぎりの いのちともがな

○ やすらは(わ)で ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな

○ こころにも あらでうきよに ながらへ(え)ば こひ(い)しかるべき よは(わ)のつきかな

○ ゆふ(う)されば かどたのいなば おとづ(ず)れて あしのまろやに あきかぜぞふく

○ わがそでは しほ(お)ひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし

○ よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ あまのを(お)ぶねの つなでかなしも

※ くっつきの「は」についてはなおしておりません。ご注意ください。

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません

ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp