(C)Two-way/小学校//社会/6学年/観光立国「壺阪寺」



観光立国の授業「壺阪寺」


TOSS大和/福原正教


壺坂霊験記で知られる沢市とお里の授業です。



 

発問  何をしているところでしょう。分かったら手をあげます。

 

説明  巡礼です。巡礼とは聖地・霊場を参拝して回ることです。

    日本で最も歴史のある巡礼「西国三十三所巡礼」 33のゆいしょあるお寺を回ります。

 

発問  奈良県には何か所ありましたか。

   ・4か所

 

説明  興福寺、長谷寺、岡寺、壺阪寺です。今日は壺阪寺について見ていきます。

 

説明  壺阪寺、正式には南法華寺といいます。本尊の十一面観音は眼病に霊験があるといわれています。園内には、養護盲老人ホームがあります。ご利益を求めて今も多くの人が訪れています。

    また、慈善事業の返礼として、インドから贈られた「天竺渡来大観音像」は、総大理石造りで高さ約20m、世界に数ある石像の中でも世界最大の石像です。

 

説明  しかし、壺阪寺が全国的に有名なのは、これらのことではないのです。これです。

   「壺坂霊験記」歌舞伎の舞台として、人形浄瑠璃として明治時代から長い間、庶民に親しまれてきました。知ってる人。これがいい話でね。聞きたいですか。

 

語り  昔、大和の国高取の郷に沢市とお里という夫婦がいました。沢市は疱瘡(天然痘)のため目が見えなくなってしまいました。

心優しいお里は、眼病治癒のため、壺阪寺の観音菩薩に日参します。雨の日も風の日も、朝一番の鐘の音を聞くと、そっと家を抜け出し、険しい山道を夫のために毎日お参りするのです。

 

発問  どんな奥さんですか。

 

発問  沢市は、妻が朝早くそっと出かけていくことを知っていました。妻の行動をどう思っていたのでしょうか。

 

語り 「こいつ、浮気してるんちゃうか?」と妻を問い詰めたのです。

情けないやら、悔しいやら。夫の誤解を知ったお里は、あきれ果てて言葉もありません。

「あなた、実はこうなんです」

   「お里、すまない・・・おおきに、おおきに」 

「いいんですよ、お前さん、いっしょにお参りしましょう」

沢市はお里とともに寺にのぼります。しかし、沢市はある決意を心に秘めていたのです。

 

発問  沢市は何をするつもりだったのでしょう。

 

語り 「これから寺にこもるから、家の用事をすませてくるように」とお里を家に帰した沢市は、谷へ身を投げてしまいます。

虫の知らせか、急いで寺へ引き返したお里は、谷底深く木の間を照らす月明かりに夫沢市が倒れている姿を見つけます。「あなた、あなた!」呼べど叫べど返事のない夫を見て絶望します。

「私が3年間お参りしたのはひとえにあなたの目が治りますように。ただそれだけであったのに・・・」

と、後をおって身を投げてしまうのです。

 

発問  この2人の姿をかげでじっと見ていたのは・・・誰でしょう。

   ・観音さま

 

語り  あわれに思った観音さまは、2人を生き返らせます。

 

発問  もう1つ観音さまは施しをしました。何でしょう。

   ・沢市の目を治した。

 

説明  これで、お話は終わりです。

壺阪寺に行けばゆかりの品がいくつかあります。

「お里沢市慈眼茶」

「沢市の杖」 この杖にふれると、夫婦仲がよくなると言われています。

 

説明  では、人形浄瑠璃「壺坂霊験記」を見ながら、授業をとじたいと思います。

 

 

参考文献  奈良まほろばソムリエ検定(網干善教監修)

      奈良・大和の古寺あるき

      南法華寺HP

      バーチャル壺阪寺HP

      高取町 壺阪寺HP



前のページにもどる インターネットランドへ メール

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません

ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp