(C)Two-way/小学校//社会/4学年/禁の変



の変


TOSS大和/福原正教


奈良県吉野町川上村を舞台にした授業です。



 

発問  奈良県吉野郡です。吉野は歴史上の舞台として何度か登場します。例えば、どんな事件が起きましたか。知っている人?

   ・南北朝動乱、壬申の乱、天誅組、源義経と静御前の別れの場等

 

説明  もう一つ、これらに匹敵する事件が起きています。南北朝動乱と深いかかわり、というよりその延長線上に起きた事件です。

    南北朝。朝廷が南朝と北朝の2つに分かれて争いました。北朝には幕府がついています。南朝は、3代将軍足利義満の時代には、滅びる寸前でした。

 

発問  しかし、南朝はあるものを持っていました。皇位の継承に必要かつ皇位の正統性を示すきわめて重要なものです。なんでしょうか。

   ・三種の神器

 

説明  三種の神器を持っているからこそ、南朝は正統を主張できたのです。

 

発問  幕府と北朝は何とかして三種の神器を手に入れたいです。どうしますか。

   ・攻めて南朝を滅ぼす。

 

説明  そうしたいところです。しかし、そのどさくさで、神器が紛失するかもしれません。そこで罠にかけるわけです。「交代で天皇を出していきましょう」と。そして、こうなります。

 

発問  あなたが、南朝側の人間だとすると、これに対してどう思いますか。

   ・裏切られた、だまされた

 

説明  この南朝の恨みが、50年後爆発します。

 

説明 「禁闕の変」です。南朝が京都の宮廷に押し入り、三種の神器を奪って逃げたのです。幕府はすぐに追手をかけ、神器を2つまで奪い返します。しかし、勾玉は持ち去られます。南朝は、その末裔、自天王を奉じて、金剛寺にこそっと逃げ込みます。これを歴史上「後南朝」といいます。

 

発問  この後、どんな展開になると思いますか。どれかに手をあげます。

   @ 幕府からすぐに捜索がかかり、討伐軍が出される。

   A 捜索後、北朝との間で話し合いの場がもたれる。

   B 捜索自体、行われない。

 

説明  Bです。三種の神器はきわめて大切なものです。しかし、それどころではなかったのです。

 「6代将軍 足利義教暗殺」 首謀者は守護大名、赤松満祐です。幕府内は大混乱でした。

 

発問  ちなみに、赤松家はどうなったと思いますか。

   ・滅ばされた。

 

発問  時は流れて15年後、8代将軍足利義政のもと、政局はすっかり回復しています。

   そんな中、金剛寺が襲われます。自天王は殺され勾玉は奪い返されてしまいます。金剛寺を襲ったのは誰でしょう。

   @ 幕府

   A 北朝

   B その他

 

発問  Bです。では「その他」とは一体誰なんでしょう。

 

説明  赤松の遺臣です。赤松家は翌年、守護大名として返り咲きます。これは宝塚の舞台にもなっています。

 

説明  金剛寺には、自天王が着用したと伝わる武具がまつられ、即位した2月5日には今でも朝拝の儀式が続けられています。

    ぜひ一度ごらんになってください。

 

※ 参考文献 「奈良まほろばソムリエ検定」網干善教監修

       「大和の鎮魂歌」桐村英一郎著

       「本邦東西朝縁起覚書」小松左京著

       「川上村HP〜川上村の歴史〜」



前のページにもどる インターネットランドへ メール

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません

ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp