(C)Two-way/小学校/国語/私と小鳥とすずと/3学年/詩の暗唱



私と小鳥とすずと


TOSS大和/福原正教


できていないところがいっぱいありますが、初めて気を入れて指導した暗唱です。



 

3年生、9月はじめの実践。1学期には漢詩など6つの暗唱を経験している。

「私と小鳥とすずと」は、この実践以前にすでに2時間、詩の読みとりで授業ずみ。


授業時間までに、黒板に教科書のとおり詩をうつしておく。


指示  「私と小鳥とすずと」を、みんなで読みましょう。

・声がそろっていなかったので、1回目は読み直し。声のはりが出るまで合計3回読ませる。


指示  「わたし」をけします。みんなで読みましょう。

・黒板の詩の中から、(1行目)と、(5行目)と(9行目)の「わたし」を消す。

・「わたし」だけだと、まだまだ余裕がある。

・(3行目)と(7行目)の「わたし」は、消さなかった。最初だから、一気に消しすぎるきらいがあったのだ。ただ、こどもから後で疑問が出た。いっしょに消してよかったかもしれない。


・以下、「小鳥」→「すず」→「お空」「地面」→「きれいな音」「たくさんなうた」→(2行目)→(4行目)→(6行目)→(8行目)→(3行目)→(7行目)→(1行目)→(5行目)の順に消していった。


・「わたし」「小鳥」「すず」は、キーワードゆえに、真っ先に消していった。「お空」「地面」「きれいな音」「たくさんなうた」は、それに続くキーワードと考えた。

・(2行目)(4行目)と偶数行から消していったのは、覚えやすさのため。(1行目)が残っていると、それを言った後、続けて(2行目)が出やすいと考えた。

・連をまとめて消さなかったのも同様。


・ふだんから、音読をそれほど嫌がらない子たちではあるが、この実践の中では驚くほど意欲が続いた。この時間では、みんなで17回は読ませているのだが、最後まで声が小さくなることはなかった。それどころか、回をおうごとに、声は大きくなっていったように思う。

・あまり大きな声で読むので、少し休ませようと間をあけると、自分たちで「さん、はい」とリズムをとり、はじめてしまった。少しずつ変化をつけていった繰り返しだから、これほど意欲が持続したのだろう。


指示  すらすら暗唱できるようになった子から、先生のところに来なさい。早くできた子5人まで試験管になってもらいます。

・かなり読ませたかいあって、こどもたちの覚えはよかった。全員20分ほどで暗唱することができた。20分かかったのは、次の2点でひっかかったため。

@ 地面をはやく「は」走れない。

A たくさん「な」うたは知らないよ。

・ここを一斉音読のときに、きちんと意識させていれば、もっと時間は短くなったはず。


課題

・試験官ができてからが、いつもごちゃごちゃしてしまう。最初に暗唱できた子5人は試験官になるので、役目ができるが、その後に合格した子への指示がまだはっきりしていない。その子たちから、教室の雰囲気がくずれてしまっている。この子たちへの有効な指示を見つけたい。


前のページにもどる インターネットランドへ メール

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません

ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp