(C)Two-way/小学校//国語/3学年/漢字を進んで使う



漢字を進んで使う


TOSS大和/福原正教


ふだん、文章の中になかなか漢字を使わない子が変わります。



 

 偶数列の子に無地のプリントをわたす。
  ・「わたしたちのはないの?」と、こどもたちが口々に言い始める。

指示  となりの人と2人1組になります。
     1文ずつリレーをします。

板書  ・ぼくは本屋に行きました。

  ・これに続けられる人? →  ・本屋で本を買いました。

板書  ・まんがの本を買いました。

  ・これに続けられる人? →  ・それで家に帰りました。

説明  このように、2人で交代で文を続けていきます。後で、あるモノの数を聞きます。今はないしょです。

指示  5分はかります。はじめ。

  ・「モノ」というのを、文の数とこどもたちはとるようである。
  ・できるだけ文を書こうと、ふだんの漢字の使用率がそのままあらわれる。   

5分たつ。

指示  赤えんぴつを出しなさい。
     漢字に○をつけなさい。(黒板で例示)
     ○をつけ終わったら、数えます。

  ・この後、数をたずねる。

指示  2回目をします。時間は5分です。よういはじめ。

  ・がんばって、どの子も漢字を書こうとする。

指示  赤えんぴつを出しなさい。
     漢字に○をつけなさい。
     ○をつけおわったら、数えます。
     1回目より、どれだけ増えたかも書きなさい。(黒板に例示)

  ・同じように数をたずねる。どの組も確実に1回目よりのびている。
  ・続いて、増えた数もたずねる。

指示  日記を返します。どれくらい漢字が使われていますか。
     今日の日記を今から書きましょう。漢字をたくさん使えるかな?


前のページにもどる インターネットランドへ メール

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません

ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp