TOSS福袋6月例会の報告

MLのみなさま
福原正教です。


【TOSS福袋】6月例会の報告をいたします。

(ご参加)
井上陽介先生
松本隆行先生
村岡壮一郎先生
笹野達哉くん
畑中廣之先生
福原正教


(不参加ご連絡)
東照久先生


【1】模擬授業

① 井上先生「45-17の筆算」
前日のTOSS法隆寺例会で,井上先生が「45-17」の筆算に挑戦しました。そこで,松本先生に代案をもらい,その復習として授業をしてくれました。きっちり頭に入れてこられたのですが,やっぱり細部が少しだけ違ってしまいます。この細部をぴったり合わせるのが大変なんですね。教師がぶれなくなると,子どもの力は確実にあがります。がんばってください。

② 松本先生「かくれている漢字をさがせ!」
向山先生の代表的な実践です。ところが,この実践,私まちがって解釈ていたことが分かりました。たて線,横線,ななめ線とも,一画分は使い切らないといけないと思っていたんです。だから,「三」をつくるときも,ちょうど同じ長さの三本線をかいていました。だから,すごく不自然だったのです。本当に有名な実践なのに,我流でやっていたことが分かりました。きちんと原実践どおりにやると,ものすごーく楽しいですね!

③ 畑中先生「3Cの会」
子どもの自由勉強の発表がいいですね。きちんとものを用意し,話すことを決め,練習して,本番にのぞむ。こうでなくちゃいけません。畑中先生の細かい指導がいきています。畑中先生,いきいきされていますね。学級楽しいんでしょうね,うらやましい。

④ 村岡先生「502-165」
「福原くん,2-5は?」と聞かれたとき,「3で・・・」とぼけようとしたのです。すると,村岡先生の目に射すくめられ,「いえ,できません。」と答えてしまいました。場の支配力というんでしょうか。堂々としているので,おかしなことが言えないんです。うまい人が模擬授業をすると,変なツッコミがなくなります。それを言わせない雰囲気を作っているんですね。(それでいて,授業を受けていて楽しいのです)

⑤ 笹野くん「地図記号」
余計な言葉が多かったので,そこをけずりました。それから,あと,代案をいくつか。学生さんなのですが,教師に対するように,みんな代案を出しました。力があるのですね。しあわせ例会での対決の授業ということなので,ぜひがんばってほしいと思います。

【2】算数授業 3年「棒グラフ」(日文)
・挿絵の「カプセルをつつに入れると・・・」は意味がない。4つ入れるとつつから出てしまう。(何で余計な情報をのせるかなあ。)
・何めもりで何人を表すかを考える。5めもりで5人→1めもりで1人。
・ていねいにするところと,一気にまとめてするところのめりはりをつける。
・その他を考えさせる。くだものなら,「マンゴー,パイナップル,はっさく・・・」その他を考えさせることで,そういう少ないものの合計なんだなと意識できる。


◯最後に作ってきた「棒グラフ」のアプリを見てもらいました。みなさん,慣れすぎて反応が薄かったですね(笑) これは,7月1日のプレコンテストに出展予定です。


【3】二次会「贔屓屋」にて
  畑中先生,井上先生,笹野くん,福原


次回例会は,7月7日(土)です。