TOSS福袋5月例会の報告

MLのみなさま
福原正教です。


【TOSS福袋】5月例会の報告をいたします。

(ご参加)
畑中廣之先生
松本隆行先生
中尾真也先生
東照久先生
福原正教


(不参加ご連絡)



【1】模擬授業

① 松本先生「露」
TOSSデー練習です。俳句の作り方の基本を理解し,俳句づくりを味わおうという講座です。昨日の大和例会では,五音と七音がいりまじっていましたが,今日はきちんと分けられ,組み合わせるときに見やすかったです。明日は,さらに構造的になるとのことです。

② 畑中先生「3Cの会」
会報を読ませてもらいました。畑中先生の授業の様子がいきいきと書かれていました。No.9の片方の目を見る話は,阪部先生の追試ですね。私も重宝しています。

③ 中尾先生「ひき算の筆算」
計算はアルゴリズムです。あれこれ解き方を考えているうちに,勉強ができない子は投げてしまいます。何回言ってもぶれないアルゴリズムを作ることが大切です。松本先生は,「どんな計算も1万回言っても同じように言える。」と言います。私もそうです。アルゴリズムが言えるというのは,計算方法を説明できるということです。勉強ができない子にとっては優しく,できる子にとってもしっかり身につく方法だと思います。
ちなみに,この計算は,Flashで作ってアップしています。
http://byakusen.la.coocan.jp/sansuu/3ketahikizan2.swf

④ 東先生「式の計算の利用」
因数分解を使って,計算を工夫して素早く行う授業です。
メールで書けないのですが,
35(の2乗)−15(の2乗)
計算に時間がかかります。しかし,これを因数分解すると,
(35+15)(35ー15)=1000
と,簡単にできます。
こういうのを順番にやっていくと講義調になりおもしろくないので,まずは,問題を与えて10秒で挑戦させてはと思いました。その上で,
「こうすれば,あっという間にできますよ。」
「ねっ,できたでしょ。」
という展開にするのがおもしろいかと思います。
(最初に失敗体験をさせてしまうのが難かな)

⑤ 福原「沖縄といえば・・・」
TOSSデーで田中先生がされた「分かったこと,気づいた・・・・」の板書からの利用の追試です。
きれいな海,パイナップル,さとうきび
と並んだものから,質問を作り,指名なし発表をします。
質問を作った後,2つ目,3つ目と作らせたのですが,この時間で,自分の質問の答えを考えさせておいてもよかったなと思います。
子どもたちに実際にかけてみると,
「分かりません」
のオンパレードで,こちらが説明することになります。事前に質問を予想させ,答えをもっておくのも大切なことです。


【3】二次会「贔屓屋」にて
  畑中先生,中尾先生,福原


次回例会は,6月9日(土)です。