TOSS福袋3月例会の報告

MLのみなさま
福原正教です。


【TOSS福袋】3月例会の報告をいたします。

(ご参加)
東照久先生
松本隆行先生
栗林雅幸先生
畑中廣之先生
村岡壮一郎先生
福原正教

(不参加ご連絡)
井田裕司先生


【1】模擬授業

@ 東先生「多項式」
素早く本題に入ること,言葉で説明せず図示することの2つが大切かと思います。サイクリングコースが重なった状態では円として見れない子もいるので,それぞれ取り出すのがいいです。(よかったら,教科書のデータを送ってください。作ります。)
これは,セミナーで授業されます。どんどん外に出られていく東先生のお姿から学ぶこと大です。

A 松本先生「雪」
TOSSデーファイナル会場のネタです。松本先生の中で唯一まだかたまっていない講座じゃないでしょうか。他は,2,3回すでに練習されてますからね。それだけでもすごい。十数個の講座をもっているのに。
今日は,すとんと落ちる前に次々といかれたので,少し強引さを感じるところがありました。松本先生なら,これから何回か練習されて,すぐにそれも消えると思います。

B 栗林先生「たんぽぽ」
TOSSデーの練習で久しぶりに福袋に来ていただけました。謙遜されてましたが,講座として悪くないと思いました。少し自信なげにされていたので,そこはこれからの練習でかちっとかためていけばいいです。
最初の音読で,テンポが落ちるのとほめ言葉に力がないのとで,受けている方にやらされ感が出ます。「読んでいて気持ちいい」と思わせましょう。

C 村岡先生「30」「数当てゲーム」
「30」おもしろいですね。今の4年生で最初に子どもの心をつかんだのが,この「30」でした。TOSSデーでも盛り上がると思います。通常,ゲームをするとやっている本人は楽しくても,見ている方はつまらないのですが,このゲームは見ている方も楽しめるのがいいです。
「数当てゲーム」は即時判定できるのがいいですね。ただ,3ベースになってからは数の入れ替え作業になってしまい,わくわく感が薄れてしまうので,そこを何とかできないかなと思います。例えば,数を制限したらどうでしょう?「8回のうちに当てましょう」とか。最後までどきどきするかなと思います。

D 福原「向山型パロディの授業」
TOSSデー国語会場4つめのネタです。昨日,家根内先生にようやくOKをもらえました(笑)
元ネタがいいので,いい感じで授業が進みました。時間をはかってみると,6分30秒で終わったので,残り3分を何とかしようと思います。

E 畑中先生「68×43と86×34の答えが同じになる」
授業の隙間ネタとして使えるなと思いました。これを提示した後,「他にもこのように(十の位と一の位を入れ替えても答えが同じになる)なる計算があります。見つけたら前に持って来なさい。」教師の判定も瞬時にできるし,いいネタだなと思います。補欠授業に入ったときにも使えますね。

F 松本先生「新学期準備のネタ」
1週間後のTOSSデーのネタです。これを見て,春休み中にしておくいろいろな準備ができますね。とても見やすく分かりやすいです。「年間予定表にあらわれない行事について聞く」ことは絶対必要ですね。4年だと,さまざまな社会見学,3年だといつ頃に校区見学に行ったのか,その前に誰にあいさつに行ったのかなど,春休みのうちに聞いておくと,後の計画が立てやすくなります。

G 栗林先生「五色百人一首」
レジュメから入らずに,まずはさせてみる。第一声は,「百人一首をします。」 ここからですね。一時に一事で進めていくと,5分弱は時間を使うはずです。余った時間は,レジュメを読みながら時間調整したらいいですね。
この講座はまだどうやって進めるかかたまってなかったようなので,今日,講座が確定してよかったです。


【3】二次会「贔屓屋」にて
  松本先生,栗林先生,村岡先生,福原

東先生,畑中先生は早退されたので,残っていた先生全員が二次会に参加してくれました。二次会参加率高いです。土曜日のお昼だからかな,とてもうれしいです。


次回例会は,4月7日(土)です。