TOSS福袋2月例会の報告

MLのみなさま
福原正教です。


【TOSS福袋】2月例会の報告をいたします。

(ご参加)
松本隆行先生
井田裕司先生
赤塚照子先生
横田純一先生
村口寛明先生
福原正教

(欠席のご連絡)
東照久先生
畑中廣之先生


【1】模擬授業

@ 松本先生「クロス面積図」
昨年,甲本先生にじかに見せていただき,はまりましたねえ。
松本先生お得意のアルゴリズムにはめて,かちっと分かる授業でした。しかし,一番最初の,80×0.6 は,説明してもらいたかったなあ。一番最初は言えるわけないですから。けど,これは本当にみんな問題ができるようになりますね。

A 井田先生「つるつるとざらざら」
参観日で行う音読です。音読の繰り返しは単調になりがちなので,活動に次の活動をかぶせ,テンポをあげるか,力強くほめるか(ほめるのも前の活動にわずかにかぶせるのです)どちらかがいいかと思います。参観日ですし,いっぱいほめてあげるのがいいでしょうね。第4連をお家の人といっしょに考えると,家に帰ってからも楽しい話題になりますね。

B 赤塚先生「靴下とシャツのたたみ方」
私個人では,この例会最大の学びでした。シャツのたたみ方。まさにさりげないかっこよさですね。教室に落ちている体操服を「これ誰のですか?」と取り上げ,その場でさっと魔法のようにたたむ。かっこいい!
靴下のたたみ方も勉強になりました。

C 福原「見取図のかき方」
「覚えるべき言葉が多い」これにつきます。ついつい説明ぽくなってしまうのですね。向山先生のわり算のアルゴリズムをイメージして,圧倒的に言葉をけずります。サイトの修正版は近日公開。

D 横田先生「TOSSデーやんちゃくん会場の練習」
みんな,「あー,あるある」と言う,陥りやすいやんちゃくん対応でした。以前,法隆寺例会で見せてもらったときより,すごく見やすくなっていました。あとは,具体的な事例がないところに事例を入れることですね。サイトがなくても,横田先生の語りで十分,10分の講座ができます。今日は9分でした。十分です。


【2】算数課題 4年「直方体と立方体」(日文)

・最初の仲間分けで,直方体と立方体のもの以外は除外しておく。啓林館では,立方体と直方体しか出てこない。(日文,わざと混乱させようとしている?)
・いくつにもわけない。「2つに分ける」ことに限定する。「面が正方形だけのものと,それ以外のもの」など。
・仲間分けをした後は,実物を見せながら「直方体」「立方体」の練習。フラッシュカードにすると,2次元にしか見えない子がいる。できたら,実物を使いたい。
・頂点,辺,面の学習は,サイトを使って。
http://www.geocities.jp/mogubai/rs.swf
(山中隆氏作成)
 とても分かりやすい。みんな絶賛!
・立方体の展開図は,岩本先生のサイトを使って。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/iwamoto/hako.swf
(この立体的な動きはどうやって作っているのだろう? 線対称のように,反対側にぱたんと倒してしまうのはできるのだが,90度でとめるにはどうすればよいか分からない。来月,お会いしたときに聞いてみよう。)
・展開図では,よく方眼紙を使うが,ノートを使う。終わった後,ぱたんとつぶせるので,処理が簡単。
・辺や面の垂直と平行では,実物を使ってもなかなかイメージしにくい。大きな箱を使う。教室である。下の面は床。床に垂直な辺は柱。平行な辺は梁である。垂直な面は壁,平行な面はもちろん天井。箱の中に入ることで,よりイメージしやすくなる。(これは実は教科書のコラムにのっている)


【3】二次会「贔屓屋」にて
  松本先生,井田先生,赤塚先生,横田先生,村口先生,福原


毎回,ものすごく深い学びがあります。ぜひ,一度ご参加ください。
次回例会は,3月17日(土)です。