TOSS福袋1月例会の報告

MLのみなさま
福原正教です。


【TOSS福袋】1月例会の報告をいたします。

(ご参加)
松本隆行先生
畑中廣之先生
井田裕司先生
吉澤雅嘉先生
東照久先生
横田純一先生
村岡壮一郎先生
中尾真也先生
福原正教


【1】模擬授業

@ 松本先生「この人は辰年生まれなのか」
松本先生お得意のサブカルチャーネタです。芸能人やスポーツ選手の写真を出して,「この人は辰年生まれ?」と聞いていくだけなのですが,人選がふるっています。きちんと名前に辰(竜・龍)がつく人だけを選んでいるのです。

A 畑中先生「私の心がまえ12ヶ条」
いくつか紹介。(いいですよね)
・凡事を徹底する。
・「温故知新」の心で学ぶ。
吉澤先生曰く
「本当に,こんなん好きやなあ。」
私もそう思います。
心構えではないですが,この後,みんなにも「この1年ですると決めたこと」を発表してもらいました。
私は,「Flashの勉強をしなおす」です。

B 横田先生「てこを利用した道具」
てこの分かりやすい例では,井田先生も紹介された新村勲先生の「はなまる理科学習サイト」が圧倒的に優れています。
http://www.tos-land.net/child/?PHPSESSID=05c3932116f1768ea4d958a0db9ad95a
あと,てこの例としては,関節技があるじゃないですか!あれこそ,てこの原理ですよ。説明するのが難しいし,休み時間されたら困るけど。
松本先生が出されたボートの例は,支点をオールの固定部ととらえることもできるし,水面ととらえることもできるそうです。

C 松本先生「洋楽くずし」
TOSSデー音楽会場のネタです。私,これ8年ほど前かなあ,法隆寺で初めて松本先生の模擬授業を見たのがこれだったと思います。しかも,原案は大学の同期の石戸先生。縁がある授業です。
ふざけているように見えて,集会の発表ネタとしてはとてもすぐれていると思うのです。


D 畑中先生「ホウ・レン・ソウのアンチテーゼ」
産経新聞の新聞記事の紹介です。「ホウ・レン・ソウ禁止で超高収益」の例があるという話ですが,企業のことだからよく分かりません。一時的に業績がよくなっても,各人ばらばらに動き出したらそのうち・・・という気もするのですが。学校では,報告は必要ですね。横並びの強制は最悪ですが。

E 中尾先生「小数のかけ算とわり算」
持ってこられた教科書のコピーがそれほどひねりがないところだっただけに,シンプルな授業のあり方が問われました。ポイントは,目線と言葉の多さ。
つい1週間前に,小嶋・杉谷セミナーで,同じようなシンプルなところを授業しました。そこでの学びを,中尾先生に伝えられたと思います。まずは目線を落とさないこと。油断すると,つい教科書に意味なく目線が落ちてしまいます。私自身も気をつけないといけないところです。


【2】算数課題 1年「20より大きい数」(日文)

・ブロックを数える。よくするのは,教科書のブロックの上に実際のブロックをのせることだが,これは大混乱を起こす。数え方を聞いて,「10でまとめること」を確認したら,前でする。演示実験と同じ。10で囲ませる経験も大事だが,一番最初はかちっとさせることが大切。どうしてもというなら,隣の女の子のブロックで,囲ませてもよい。
・「10が3こと,1が6こで36です」と,
「36は,十の位が3で,一の位が6のかずです」
が基本形。この後の練習問題も,数だけを答えさせるのではなく,この2つの基本形に当てはめて言わせる。
「10が4こと,1が3こで43です」
・100は,10とびで確認。それまでの百玉そろばんの指導がいきる。
・数直線上で「30より7大きい数」を探す問題。
数直線をおさえながら「1,2・・・」と数え始めると,”30”を「1」と数えてしまうかもしれない。少しタイミングをずらす。30をおさえてから,「1,2・・・」と指を動かす。
・□の数列に数を入れる問題。2つ続きで数が入っているところを見つけて,いくつ増えているか→で示す。
   1
   →
 99−100 (ずれて表示されるかもしれませんが)
他のところも同様にやじるしと”1”をつける。
・「100と12で112になります」
これを基本形にして,練習問題も同様にして読ませる。


【3】二次会「贔屓屋」にて
  松本先生,畑中先生,井田先生,吉澤先生,横田先生,中尾先生,福原


今回もすごく学びが大きかったです。次回例会は,2月18日(土)です。