法則化福袋12月例会の報告

MLのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】12月例会の報告をいたします。

(ご参加)
松本隆行先生
畑中廣之先生
東照久先生
横田純一先生
村岡壮一郎先生
村口寛明先生
福原正教


【1】模擬授業

@ 松本先生「省エネ大作戦」
出前授業にもうしこまれて,そこでしてもらった授業です。2枚の絵を見比べて省エネをさがす。とても勉強になりました。パワーポイントの中にそれが組み込まれていて,私も授業したくなりました。パワーポイントの資料,ほしいです。

A 畑中先生「17とうの馬」
一休さんのとんち話のようなお話でした。作者不詳,納得です。改作部分が,畑中先生らしいなあ。途中,説明の部分が多くなってきて,リズムをきっているような気がするので,語りの部分を増やしたらどうかなと思います。畑中先生,滑舌がいいので,その気になったら,かなり抑揚がつけられるんじゃないかと思います。

B 東先生「定理の逆」
かちっとした授業です。一つ一つステップを踏んでいるので,確実に分かるようになります。中学校の先生が東先生だったら,生徒も幸せだろうなと思います。私が一番よかったのは,松本先生に答えを言わせて,他の子に,「同じになった人?」とふったときのタイミングの良さ。すごくここちよく手をあげることができました。 

C 横田先生「TOSSデー練習:レク」
「ピンポンパン」大学での合宿などでは,定番の遊びでしたが,これ,難しいんですよね。ふだん,冷静沈着な松本先生がこれが苦手で,ぽんぽん間違うのが見ていて,楽しかったです。後は「連続しりとり」。少し時間が余ったときに,よく使います。最初,つまらないんだけど,やっているうちにみんな盛り上がっていくのですよね。外れなしのネタです。

D 村岡先生「文章を長く書かせる」
学会での河田先生の追試です。「つなみ」の冊子,私も持っていますが,こうやって使用するということがとても勉強になりました。授業で使用した画面は,村岡先生が今朝作られたということで,改めてセンスのよさを感じます。

E 福原「TOSSデー練習:国語」
作文スキルの授業をした。作文を長く書かせる指導である。授業の中で,どの子(人)も,長く文を書くことができた。長く書く体験をしてもらい,子どもへの指導もよく分かる。すごくいいと思うのだが,まかされている講座は国語会場のトリである。余韻を残した講座の方がいいような気もする。別パターンも考えて,意見をもらうことにする。


【2】算数課題 4年「面積」(日文)

・(あ)と(う),(う)と(い)の広さを比べる。比べやすいように,教科書でも花壇の配置はこうなっているのだろう。
・花壇の範囲を確定する。花壇のまわりを囲っているブロックも数えてしまう子がいると思われる。「花壇」はブロックの中だということをきちんと伝えておく。
・日文の教科書は,この部分の説明が秀逸。きちんと,「まず」「次に」「だから」で考え方を説明できるようになっている。「自分の考えを説明する」場面でも,このフォーマットにそって説明できる。
・「長方形の面積」を出すときは,1cuを確定する。色をぬったら,より分かりやすい。教科書では,たて4つ分,横6つ分のみ書かれている。線をのばして,残りの部分も,きちんと1cuを出すようにする。それを数えて面積を出す。そこから,式を導き出す。
・「大きな面積の単位」では,量感を実感させる。
1uは,カンガの広さ
1αは,パソコン室の広さ
1hαは,サッカーコートの広さ
1kuは,東京ディズニーリゾートの広さ
・「面積の求め方のくふう」で線をひくときは,できるだけ少なく分けられるように線をひく。
・2つの図形に分けたとき,「たては?」「横は?」と確定させ,赤えんぴつで○をつけさせる。こうすることで,その数字だけを浮かび上がらせる。


【3】二次会「贔屓屋」にて
  畑中先生,横田先生,村岡先生,村口先生,福原


次回例会は,1月21日(土)です。