法則化福袋11月例会の報告

MLのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】11月例会の報告をいたします。

(ご参加)
柴田裕美子先生
井田裕司先生
松本隆行先生
畑中廣之先生
東照久先生
村岡壮一郎先生
加舎章二郎先生
福原正教


【1】模擬授業

@ 畑中先生「ちがいのちがい」「愛着障害」
「警察」と「自衛隊」の違い。「まったく違うやんか」とつっこみを入れてしまいそうですが,さにあらず。いくつかの共通点,違いを洗い出してみるのがなかなかおもしろかったです。
「愛着障害」の話も興味深かったです。また,10分で書かれたイラストもすごい! 「これは○○とは違いますで」というボケも,正直,授業には余計なのですが,これがないと畑中先生らしくない! なかったら寂しい気になるのが,畑中マジックというものでしょう。

A 松本先生「漢和辞典」
部首って難しいですね。にんべん,ごんべんなどは一目見て,「これだ!」と分かるのですが,ぱっと見,分からないものがいっぱいありますね。かと思えば,今日の松本先生の授業のように,「実はこれではない」というのもあり,難しいです。三省堂の辞書の思想,私ははじめて知りました。ちょっとしたうんちくでも使えますね。まだまだ,知らないことが多いです。

B 井田先生「大会プレゼンテーション」
ついさっき,確認で見たのですが,改めてよくできているコンテンツだなあと感嘆します。オープニングから,度肝をぬかれますね。「素晴らしい!」の一言です。
今年は,かないませんでしたが,来年は,ぜひ,井田先生といっしょにインターネットランド会議の授業に立ちたいなあ。最初の数秒で,参加者の視線を釘付けにしますよ。

C 東先生「小数や分数の計算のまとめ」
説明させる算数ですね。私ははずかしながら,答えをガチで間違ってしまったのです。そのときの東先生のフォローがとても温かく,救われました。やっぱり,そうでなくては。
説明させる授業では,教科書のままではなく,「だから」などの言葉を付け足すことが大切ですね。

D 村岡先生「短歌」
岡山での伊藤先生の追試です。俵万智の短歌を使った授業。「寒いねと話しかければ寒いねと答える人のいるあたたかさ」
「ね」を他の文字にかえるだけで,詩のイメージ・風景ががらっとかわっておもしろいですね。


【2】算数課題 2年「三角形と四角形」(啓林館)

・定理を何度も繰り返させる。
「3本の直線でかこまれている形を何と言いますか」→「三角形です」
「三角形はどんな形ですか」→「3本の直線でかこまれている形です」
「なぜ,これは三角形なのですか」→「3本の直線でかこまれている形だからです」
・定理の中で,大切なことば3つをたてに並べる。
 3本
 直線
 囲まれている
 三角形や四角形を見つける問題では,どこが条件として足りないのか,そこだけ×をつけて提示する。
・点と点をつないで三角形をつくる問題では,選ぶ点をぐりぐりとしてから,直線でつなぐ。
・三角形を2つに分ける問題。いきなりみんなに紙を渡すのではなく,「むちゃくちゃ難しいけど,やってみたい人?」などとあおり,最初の一人にだけさせる。その上で,「やってみたい人?」と聞き,全員にさせる。最初から,紙を全員に渡すと,騒乱状態になる。
・教科書の四角形の図に,(三角形の図と同様に)辺,ちょう点の表記を書き込ませる。
・四角形の紙を2つに切る問題。四角形になると,とたんにバリエーションが増える。全員に紙を渡し,いろいろな分け方をさせ,黒板に仲間分けをしながらはっていく。ダイナミックで,参観向けの授業となる。


しきりが悪く,井田先生と加舎先生に授業していただいたところで,時間となってしまいました。が,2つの授業の中からすごく学びがありました。
ありがとうございました。


【3】二次会「贔屓屋」にて
  柴田先生,井田先生,松本先生,村岡先生,福原


あと,関係ないのですが,昨日,今日と,松本先生がいくつかちらしを配られていました。甲本セミナーのちらし,TOSS法隆寺のちらし,そして,TOSSスマスマのちらし。
愛情を感じますねえ。


次回例会は,12月17日(土)です。