法則化福袋9月例会の報告

MLのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】9月例会の報告をいたします。

(参加)
村岡壮一郎先生
井上陽介先生
畑中廣之先生
東照久先生
横田純一先生
山下徹也先生
福原正教


(欠席連絡)
松本隆行先生


【1】模擬授業

@ 畑中先生「紙芝居 漢字クイズ」
おもしろかったです。鳥の名前って,いろいろな漢字をあてるのですね。基本的なことも知りませんでした。春告鳥=うぐいす 月見里=やまなし のように,子どもたちが聞いて,「あっ,なるほど!」とすとんと落ちる問題を並べられたらもっとよかったと思います。紙芝居は,いろいろな可能性がありますね。これからも,楽しみにしています。

A 村岡先生「プロジェクション・マッピング」
松本先生が絶賛されていたTOSS最先端のテーマでの授業です。プロジェクション・マッピングは,見る人をひきつけますね。ただ,私としてはGoogleEarthなどと違い,どうやって授業の中に位置づけるというのが見えないので,「すごいなー」だけで終わってしまいます。授業の中でそこまで提案できたらいいですね。
TOSSの高橋薫先生が自作されています。
http://park1.aeonnet.ne.jp/~toss/mapping/test01.wmv

B 井上先生「水平線」
音読の授業です。畑中先生から感想があったように,声がとても力強いです。子どもに追い読みさせるときには,それだけの力強さがほしいと思います。子どもたちも力強く読むことで,音読自体が楽しくなってきます。だらだら読んでいたら,読まされている感がいっぱいになりますからね。実感です。語尾を重ねることで,リズムもあがってきます。次の模擬授業では,そこを意識してみてください。(すぐに再度やってもらったらよかったですね)

C 東先生「y=2x」
東先生は,授業をしながら,私たちのところに近づいてきてくれています。こうすることで,さらに緊張感が増し,授業の中に入っていけます。私は今までそういう視点がなかったので,気がつきませんでした。荒れた中学生の中で授業されてきた東先生だから,自然とそうできるのですね。中学校を何回か参観しましたが,子どもをまったくつかめていない先生は,黒板から終始50cmも離れていませんでした。

D 横田先生「ペリー来航」
横田先生は毎回,誰よりも楽しそうに授業されます。受けている子どもたちが楽しくないわけがないです。
昨日の法隆寺例会で,横田先生のコンテンツ作成能力の高さについて話がありました。「文字が大きい」「選択肢が巧み」 言われてみれば納得です。どれも,コンテンツの中でとても大切なことなので,私も見習わなくてはとお思いました。

E 福原「谷津干潟」
みんなが算数教科書の分担授業を考えている間,横田先生相手にかけ足で授業しました。声を落として,その場で棒立ちの授業だったのが災いして,本当に流しただけになってしまいました。(余計な解説も入れましたし)
また,どこかで授業します。

F 福原「そろばんサイト紹介」
そろばんのサイト紹介をしました。
一つ例をあげると,このようなサイトです。
http://byakusen.la.coocan.jp/sansuu/soroban/soroban.swf


【2】算数課題 6年「比例と反比例」(啓林館)

・ともなって変わる2つの量をシンプルに表す。「増えると増える」「増えると減る」
・ともなって変わる2つの量は,サイトで見せるのが一番よく分かる。紙の上では分からない。実は実物を使うのもよく分からない(時間が目に見えないから)
・教科書の比例の表には,2倍,3倍のやじるしが重なっていくつも書かれている。基本は教科書を使うのだが,この場合は別にノートに書かせた方がよい。そして,一つずつやじるしを書きながらおさえていく。教科書を使うと,この場合,混乱する。

今回も,この単元のサイトをいくつか用意しています。
ぜひ,ご活用ください。
http://byakusen.la.coocan.jp/sansuu/hirei/01dounyu.swf


【3】TOSS保険紹介

「転ばぬ先の杖」
火災保険と同じく,火事が起こってからでは(その火事に対しての)保険に入れません。保険は基本はかけ捨て。何もなければそれが一番幸せです。車の保険で,「何も事故がなかったからもったいなかった。」と思う人はいないですね。TOSS保険も同じです。入っていることがそのまま万が一のための安心につながるのです。
という話をしました。

まだTOSS保険に入られていない方は,福原まで,ぜひご連絡ください。


次回例会は,10月8日(土)です。