法則化福袋7月例会の報告

【法則化福袋】7月例会の報告をいたします。

(参加)
近藤光弘先生
柴田裕美子先生
東照久先生
松本隆行先生
横山教一先生
畑中廣之先生
福原正教


(欠席連絡)
村岡壮一郎先生
栗林雅幸先生
横田純一先生


【1】模擬授業

@ 近藤先生「津波でんでこ」
近藤先生の授業,久しぶりに見ました。やっぱり落ち着かれていていいですね。安定しています。
4年生の社会の授業,かなりめどが立っているので,この前の「石碑の教え」と合わせて,授業できたらなと思います。防災教育,子どもたちにとって,とっても大切な授業になると思います。

A 畑中先生「わり算の導入」
畑中節とでもいいましょうか,朝から奇跡のハイテンションですね。
のび太,ドラえもんなどのキャラクタを使うのは,子どもたちにとって親近感があり,とてもいいなと思います。ジャイアンがいっぱいケーキをとっているのは,いかにも「らしい」ですからね。子どもは,ふつう公平に分けようとするので,先生の方で,先に不公平なように提示してあげるのがいいと思います。

B 松本先生「向国課題 りんごはあってみかんはない」
むちゃくちゃ難しいです。松本先生がおっしゃるように,「も」が強調だということは分かっても,そこから,どのように授業していくのか,AとBの違いをどうとらえるかがよく分かりません。Aだけが使える場面,Bだけが使える場面というのも,よく分かりません。
けど,松本先生のことだから,期日までには仕上げられるでしょう。いろいろな例会で,この授業が見れそうです。

C 横山先生「単元末の練習問題」
先月,模擬授業デビューされた横山先生が,今度は自ら授業をもって来られました。いいですねえ。
単元末,単元のまとめとして,12問ほどの問題が続きますね。それをどのように授業するのか。1つは,ふつうの練習問題のように流していく。1つは,計算スキルのように,たてでわって,4問コース,8問コース,12問コースというように時間で分けてする。1つは,黒板を区切ってネームシールをはり,大問の1ができたら,自分でネームシールを2に動かして,どんどん続けていく。いろいろなやり方を知っておくのがいいですね。

D柴田先生「風土記」「いのちをいただく」
風土記は,明日,見てもらうということで,いいなと思います。きれいに仕上がっていました。教育塔がいいですね。
風土記のファイルをさがすときに,「いのちをいただく」のファイルを見つけ,お願いして授業していただきました。まったく練習されていない状態でしてもらったのですが,奥先生の授業を見られたときの印象が強かったのか,展開もほぼ覚えられていました。いわゆるむちゃぶりでしたが,すぐにしていただけるのがうれしいですね。


【2】算数課題 3年「あまりのあるわり算」(日文)

・「図にかいて考える」意見と,「式で考える」意見を選択させる。子どもは,式を選ぶ。(毎回,図を書けないから)
・「あまりのあるわり算」では,「1ふくろに6こずつ入れると」という問題が先に来て,「6人に同じ数ずつ配る」という問題が後に来る。その前のわり算では,逆の順番。これは,どの教科書も同じである。何かロジックがあるのだろうか。
・たしかめの式は,わり算の式とたてにそろえる。
 19÷5=3... 4
     5×3+4=19


あまりのあるわり算でも,視覚情報は重要です。口で説明すると,イメージがわかない問題でも,視覚情報があるとよく分かります。
例えば,30÷4=7あまり2
いすが何きゃく必要かという問題。子どもの誤答で多いのが,9きゃくです。あまりの2人に,それぞれいすを用意してしまうのです。これも,視覚情報で見せれば,いくついすがあればよいか,よく分かります。

今回も,この単元のサイトを用意しています。
ぜひ,ご活用ください。
http://byakusen.la.coocan.jp/sansuu/warizanmasuta-/top.html


8月は例会がお休みです。(8月は,やP研をしようと考えています)
次回例会は,9月10日(土)です。