法則化福袋6月例会の報告

【法則化福袋】6月例会の報告をいたします。

(参加)
栗林雅幸先生
横山教一先生
柴田裕美子先生
松本隆行先生
畑中廣之先生
村岡壮一郎先生
福原正教


(欠席連絡)
東照久先生
横田純一先生

【1】模擬授業

@ 栗林先生「たんぽぽ」
検定の授業です。検定に限らず,授業ですから,いろいろな反応が子どもから出てきます。それに動じないことが大切です。本当は困っていても,笑顔でさらっと流せるように。技量も関係しますが,舞台の上に立つという覚悟が大きいと思います。
前半部分,かなりよくなりました。ここちよいリズムとテンポができてきました。25級,うまく行けば24級をめざしましょう。

A 柴田先生「上勝町」
次の日,参観日ということで,その授業の練習をされました。ていねいな授業でした。毎回,そのような授業を受けられる子どもたちが幸せですね。
「みんなで考える場面を」ということだったので,
・自然豊かな町
・高齢者が多い
・基幹産業がダメージを受けた
と条件をあげた上で,「あなたなら,どうしますか?」
が,いいんじゃないでしょうか。(話し合う場面を作るとしたらですよ)

B 畑中先生「ケイサンビルディング」
短時間で,何度も練習できるのはいいと思います。畑中先生,授業の合間合間にぼそぼそっと言うことがとてもおもしろいんですよね。授業とはほとんど関係ないんだけど。
私はこの計算,間違えまくりました。いくつも並んでいるので,対応できなくなってしまうのですね。いろんなところに,目移りしてしまうのです。これは,ちょっと違うかもしれませんが,100マスと同じ欠点をもっていると思います。(間違えたからのひがみじゃないですよ)

C 松本先生「キャッシュバック旅館」
何度もやっているんですが,いまだによく分かりません。自分がきちんと解をもっていなかったら,授業できないですね。あと,柴田先生も言っておられたのですが,「松本先生の話術があればこそ」という気もします。ネタとしては,おもしろいし,今の説明させる算数の要請にぴったりあっています。


【2】算数課題 3年「時こくと時間」(日文)

・「時間の計算」では,「時刻」と「時間」の確認をする。
・紙製か布製のメジャーを用意しておいて,数直線の上に重ね,それを時計盤に巻く。数直線と時計を対応させる。
・数直線を有効に使う。
・数直線の上に,やじるしを書いて,時刻を書き込む。
・1分を体感させるとき,子どもを半々に分けて,半分の子に手をあげさせ,半分の子は判定させる。
・手をあげるときは,目をつぶらせない。机に伏せさせない。時計を背にする。(机に伏せると手をあげにくい)


横山先生が初模擬授業をされました。自分で用意されたものではなく,この算数のいきなり模擬授業。「やる」と手をあげるところがすごい! さすが天理小学校。

今回の授業の中で,私が一番すっきりしているなと思ったのが,村岡先生の授業。数直線の下部に下向きのかっこを書きながら,「10分,20分・・・」と80分まで数える。その後,数直線の上部に,「1時間,10分,20分」と対応して書かれた。とっても分かりやすい。

「時間の計算」の授業の後,岩本先生が作成されたサイトを紹介した。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/iwamoto/jikan574.swf
とても分かりやすい。全員,絶賛。
松本先生の言。
「岩本先生はサイトが作れるというだけでなく,全体構造をしっかり理解されているのがすごい。」
まさしくおっしゃるとおり。そのようなサイトづくりをしたいですね。


今回は,7人の参加がありました。
ご参加ありがとうございました。
次回例会は,7月9日(土)です。