法則化福袋5月例会の報告

【法則化福袋】5月例会の報告をいたします。

(参加)
柴田裕美子先生
松本隆行先生
村岡壮一郎先生
水野智加先生
横田純一先生
福原正教


(欠席連絡)
東照久先生


【1】模擬授業

@ 松本先生「青(向国課題)」
向山先生の「辞書を作ろう」の追試です。課題が,ここからの討論ということなので,課題と知るまでは,何か強引だなと思っていました。課題ということで納得。それにしても,毎回,欠かさずきちんと出される松本先生には感服します。継続は力ですねえ。

A 村岡先生「かくれた数はいくつ」
「分けます」という言葉がはっきり書かれているわけではないので,立式が難しいですね。
「分ける」という言葉を使って,問題を書き直させるということも必要かと思います。
発問指示は聞きやすいです。村岡先生の声って,すっと聞きやすいですよね。田中先生と同じで,うらやましいなあ。

B 柴田先生「震災の授業」
伝達講習会を受けて,もう震災の授業に取り組まれている姿勢がすばらしいですね。私はまだ何もやっていません。松本先生は,授業を見られて,
「もう風土記できたやん。」
と言ってました。私も,もうそろそろ取りかからないといけないなと思いました。
また,完成したら,見せてください。

C 福原「都道府県の場所さがし」
昨日の研究授業の一部をした。都道府県を指でおさえるのは,柴田先生が大和例会で出されていたアイデア。そのまま使っている。その後,「山」がつく都道府県の数を聞く。これは数を聞くのがポイントだと思う。名前を聞いていくとだれる。数なので,一気に集中させられる。

【2】算数課題 5年「小数のわり算」(日文)

・はじめは,立式しやすいように,簡単な数で例示する。
・立式は何問もして練習。
・「おさら,おさら・・・・おさら,おさら,上げ点」
・「元にもどって,下げ点です」

いくつものキーワードが出ました。サイトを作りましたので,後ほど添付します。


今回は,6人の参加がありました。
ご参加ありがとうございました。
次回例会は,6月11日(土)です。