法則化福袋9月例会の報告

mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】9月例会の報告をいたします。
何か例会報告久しぶりだなあと思ったら,8月はやP研をしたのでした。

栗林雅幸先生
松本隆行先生
村口寛明先生
東照久先生
村岡壮一郎先生
福原正教


(欠席連絡)

【0】雑談

SNSで書いた,「その日によってプレゼンが受けるときと受けないときの違い」について,松本先生からご意見をもらいました。
「やっていることは同じように思ってるけど,何か福原先生のテンション(だったかな?)が全然違う。」
すべるべくして,すべっていたようです。
けど,どうしたらすべらないのか,かんじんなところはよく分かっていません。??? どうしよう。


【1】模擬授業

@ 栗林先生「それ,ほんとう?」
検定用授業です。栗林先生,ほとんどノープラン・・・というわけではないのですが,オーソドックスな展開を考えてらしたので,松本先生,村口先生とともに授業を作っていきました。そうしてできあがった授業は,松本先生が「おれ,これTOSSデーでしようかなあ。」というほど,きれたものに。栗林先生,ぜひ,これで25級をこえてね!

A 松本先生「知的な授業をつくる技術」
秋のTOSSデーレジュメから。教育は魔法ではない。日々の積み重ねが大事ということがよく分かる資料です。私もそう思います。私は「気楽な書写」がお気に入りです。子どもに優しいです。
この資料以外にも,秋のTOSSデーでは,松本先生からすてきなプレゼント(福袋参加者全員絶賛の嵐)があります。ぜひ,秋のTOSSデーにご参加ください。

B 東先生「関数 y=ax2(二乗)」
すっごく分かりやすいです。教科書を見ると難解そうな感じがしますが,できあがった板書を見ると,「何だ,簡単なことじゃないか?」と誤解してしまいそうです。言葉もけずれて,指示がよく入ってきます。
福袋は基本は算数のサークルなので,東先生が毎回数学の授業をしてくださるのは,場がひきしまって本当にありがたいです。

C 福原「インターネットランド会議プレゼン」
順番で言うと,今日は”うける”日です。受けました(やったー) はじめて見た栗林先生が絶賛してくれてうれしかったです(浮かれてしまいますね)。「このコンテンツを使いますか?」という場面で,松本先生から代案をいただきました。二段落ち・・・できるかどうか分かりませんが練習してみます(村口先生からは「福原先生のキャラじゃない」と言われましたが,チャレンジ)


【2】算数課題 2年「かけ算(1)」(日文)

もう何度も学習しているかけ算の指導。基本中の基本の指導なので,すっかり分かったつもりになっていましたが,今まで気づかなかったこと,新たな視点がごろごろ出てきて,とても楽しかったです。
今日はページで割り振りせず,やりたい人がどんどん前に出てくるチャレンジ方式で行いました。割り振りするより,こっちの方が楽しいですね(教材にもよりけりですが)

まず出てきたのは栗林先生。トップで出てくるのはそれだけでえらい。村口先生がその次に登場。
若い人がどんどん積極的に前に出てくるのはうれしいですね。

今回の授業で一番の驚きは,「間違いさがし」ならぬ「同じところさがし」
松本先生からの発問「p3とp4で同じところを探しなさい」
同じ場所の絵なのですが,よく見るとうつっている子どもが違う。(気がつかなかった)。1日目,2日目と考えると,子どもが違っているのは納得できます。けれど,たった1人だけ同じ子がいるのです! さて,どの子でしょう?
授業の本質とは違うのですが,教室ですると大うけ間違いなしのネタです。教科書かわるから,今年限定ですが。

・教科書の基本形を繰り返す。
 「1だいに3人ずつ4だいぶんで12人です」
 「1せきに2人ずつ2だいぶんで4人です」

・「こたえのもとめかたをかんがえましょう」
 これ,どこまでやったら教科書チェックができるんだろう。
いくつか出させるだけでOKなのか?

・2のだんの九九
 2×1から,2×4までイラストされているので,数えれば答えが出る。これは2×2以降はカーテンで隠さなくてはいけない(見えないようにする)。目で見て数える段階は前時までで終わっている。ここからは,数を予想して,いくつ増えるのか考えて行かなくてはいけない。


ご参加ありがとうございました。
算数の課題,やっぱり楽しいです。勉強になります。
次回,ぜひ,ご体験ください。