法則化福袋5月例会の報告

mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】5月例会の報告をいたします。

岸本典子先生
村岡壮一郎先生
東照久先生
福原正教


(欠席連絡)

松本隆行先生
戸崎恵先生

【1】模擬授業

@ 東先生「乗法公式」
中学校のときに習った,(x+a)(x+b)=・・・という公式です。1つずつきちんとおさえていかれていて,ていねいな授業だと思いました。
授業の中で,1つ疑問が出たのですが,これはまた別メール(SNS)で。

A 福原「ふれあい囲碁導入」
マグネット囲碁盤を使ってのふれあい囲碁の導入です。まだ,きちんとおさえられていないので,少しぎくしゃくしています。練習して,研究授業ではもっとよくしなくては。

B 福原「十の位が0のひき算」
プレゼント用サイトを実施しました。他に,5年「合同な図形」の導入サイトもプレゼントしました。


【2】算数課題 1年「あわせていくつ ふえるといくつ」(日文)

・おはなしづくりは,順番を意識する。
・おはなしづくりの中に,数を入れるようにする。
・ブロックを金魚や人の上にのせる。
・合わせるときは,両手でブロックを合わせる。ふえるときは,片方のブロックだけを動かす。
・「4+2=6」の式をつくる問題。場面を限定する。最初はすずめだけに限定してみんなで問題を作る。その後,あじさい,人,など選択させて作らせる。


合成,分解の段階に入ると,ブロックより百玉そろばんの方が圧倒的にいいです。しかし,人やものの上にのっける段階では,ブロックの方が使えます。百玉そろばんでは,分けられませんから。もちろん,その段階はあっという間に終わってしまうのですが。


ご参加ありがとうございました。
次回の福袋は6月12日(土)です。