法則化福袋7月例会の報告


mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】10月例会の報告をいたします。

米田明弘くん
村岡壮一郎先生
赤塚照子先生
東照久先生
戸崎恵先生
松本隆行先生
沼井梨彩子先生
福原正教


(欠席連絡)
横田純一先生


【1】模擬授業

@ 福原「木次乳業の思想」
検定の授業になりそこねたものです。おもしろいとは思うのですが,少し一企業の視点にかたよりすぎという面はあります。物が準備できる授業なんだけどなあ。

A 赤塚先生「ビーバーの大工事」
校内研の授業です。「パソコンを使っている」「スマートボードを使っている」「動画が出る」と,これだけで,校内で驚愕の授業になると思います。私も校内でベテランの先生がそうした授業をされたら,仰天しますから。子どもの活動もたっぷりありますし,楽しいいい授業になると思います。

B 戸崎先生「Do you like bananas?」
あいかわらずうまいですねえ。そして,最近は安定感も出てきました。戸崎先生の後に松本先生が英語で授業されたのですが,戸崎先生がすかさず「stop!」 おー,3ヶ月前とところをかえてるなあと思いました。練習量が自信として出てますねえ。

C 米田くん「一番はじめは」
話す聞くスキルを使っての授業です。そのままの授業でも学生さんとしてはとてもうまく流れていました。松本先生の介入があった後は,さらにうまくなっていました。学生さんは伸びがあるなあ。奈良県発祥,河合先生直伝の「もぐら読み」これを最後にすると,盛り上がりますねえ。「とにかく出たいと思った」というその意気やよしです。

D 松本先生「Do you have an orange cap?」
研究授業です。1年間に2回も研究授業をされるというのがまずすごいです。大体の方向性も決まったことですし,研究授業うまくいくといいですね。最初見たのは,先月の福袋例会でしょうか。そのときより,格段にすっきりしています。


【2】算数課題 6年「分数のかけ算」(日文)
・計算のやり方は,上どうしかける,下どうしかける
教科書はたいてい,2人もしくは3人の考え方を比べるというやり方をとっています。このうち1人の考え方を取り上げるのですが,今回は残念ながら,2人とも何言ってるんだかよく分かりません。すっとばして,要点をおさえてしまうのがいいです。
・考え方は面積図でさっと説明する
線分図はあつかいません。面積図ではっきり目に見える形で見せます。先に答えを出したうえで,「ほら,同じ答えになったでしょ?」とすると,ゴールが見えているので,安心して考えられます。

今回は模擬授業検討の時間を多くとったので,算数課題は30分だけでした。
でも,それでよいのです。参加者のみなさんに「来てよかった。得した」と思ってもらえたら,こんなに幸せなことはありません。


次回例会は,11月14日(土)です。
また,いっしょに勉強しましょう。