法則化福袋7月例会の報告


mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】9月例会の報告をいたします。

斉藤誠範先生
村岡壮一郎先生
栗林雅幸先生
戸崎恵先生
松本隆行先生
横田純一先生
福原正教


(欠席連絡)
東照久先生


【1】模擬授業

@ 福原「亭主関白」
昨日大和でしたものです。時間のしばりがなくなったので,間にエピソードを入れながら,思う存分させてもらいました。

A 福原「インターネットランド会議のサイト」
これも大和例会と同じくサイト紹介です。大和のときのもたもたはそれほどなかったように思います。やっぱりサイト紹介も練習が大切。次はもっとスムーズに行くように練習します。

B 松本先生「春の小川」
向国の課題「春の小川」 自身も歌ったことがあるし,子どもに歌わせたことがあるのに,歌詞の意味をあまり考えたことがありませんでした。なるほど,小川の流れをそのようにとっていたんだなと。以前,金魚例会で,七つの子をしました。そのときも,「へー,こういう歌だったんだ」と感動しました。同じような感動を受けました。

C 戸崎先生「Do you like bananas?」
昨日の大和例会と同じ授業です。昨日は途中リズムが崩れてしまいましたが,今日は最初から最後までばっちりでした。この授業では,AチームとBチームに分かれたとき,どちらのチームにもカードを見せなくてはいけません。そこで,カードを左右にふってしまうのですが,視線がぶれてここちよさが失われてしまいます。そこだけなおせば,後は検定にそのままもっていけるんじゃないかと思います。

D 松本先生「英語ノートを使った研究授業」
英語ノートはいい(らしい)のですが,忠実にするとしんどいところもありますね。一部エッセンスを取り出してすると子どもにも負担がなくていいのかもしれません。
けど,学校で英語ノートを使っての研究授業ができるというのがいいことです。時代の流れに合っています。

E 栗林先生「しりとり言葉」
11月の検定でされる授業です。言葉が多いですね。TOSSランドで,田崎先生の実践がのっています。しりとり言葉でのっている実践では,一番すっきりしています。これをベースにして作ってみたらどうでしょうか?
http://www5e.biglobe.ne.jp/~byakusen/kokugo/marumaruhadore/top.html


【2】算数課題 4年「面積」(啓林館)
・量感をおさえる
教科書には,1cu,1u,1kuの大きさの正方形がのっています。1cuは指の絵の中に正方形がのっています。これは実際の大きさどおり。しかし,1uと1kuはもちろん実際の大きさとは違います。隣に人の絵をかくなどして,実際の量感を持たせないといけません。
・広さくらべはます目を書く
最初に池の広さくらべをします。ここで,ます目の数を数えるのですが,池の中にはますが書いてありません。池の中にもますをきちんと書くことで,数え間違いが激減します。
・方眼をかぶせる
ノートブックでコンテンツを作るとき,ますの大きさに合わせた方眼を作っておくと,線で書かなくても,横から方眼をかぶせただけで,ますがくっきり分かります。
・基準となる1つを赤くぬる
1cuの正方形の1つを赤くぬることで,「これがいくつあるか数えるんですよ」という指示が間違いなく通るようになります。
・cuは読むのが難しいことを分かっておく
cu(平方センチメートル)は読むのが難しいです。はじめに間違って覚えてしまうと,エラーラーニングしやすいです。また,「右肩の小さい2を平方と言います」ということもおさえておきます。
・長方形の面積=たて×横
えんぴつ君は,「横×たてでもいいよ」などと言ってますが,たて×横で統一します。全員に言わせたときに,ばらつきが出てしまいます。
・「面積の求め方の工夫」はやり方を言わせる
全部計算しているととても時間がかかります。計算しないで言葉で説明させます。



先月できなかった算数課題ですが,やってみるととても楽しい。また,勉強になります。



次回例会は,10月10日(土)です。
また,いっしょに勉強しましょう。