法則化福袋7月例会の報告


mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】10月例会の報告をいたします。

東照久先生
村口くん
福原正教


(欠席連絡)
松本隆行先生
村岡壮一郎先生
横田純一先生
谷直美先生
阪部保先生
北村善重先生


今日は運動会のところが多かったのですね。参加者は3人でした。けど、欠席連絡をたくさんの方からいただけたので、それはうれしいことです。

【1】模擬授業

@ 村口くん「本と友達」
教科書の例文から書くことを確かめ、基本フォーマットを与えて、本の説明・紹介を書くという授業です。パワーポイントで、コンテンツをつくるということなので、最初の部分をいっしょに作りました。次の若草拡大例会でされるようです。コンテンツは途中までしか作っていないので、この後、どのように完成するのか、授業がどのように磨かれていくのか楽しみです。


【2】算数課題 5年「小数のわり算」(大阪書籍)

@ 言葉の式をつくる
 ・この単元の文章題では、言葉の式をつくる→立式するという流れで通します。この単元はそのパターンですべていけます。

A 計算の仕方の考え方は片方をあつかう
 ・教科書には、「0.1mの代金を求めて1mの代金を求める」方法と、「10倍する」方法が出てきます。筆算で行うのは、「10倍する」方法です。考え方もこちらを選んで考えます。

B あげ点は必ず最初に書く
 ・割る数と割られる数を10倍して→を書いた後、すぐにあげ点を書きます。答えが一の位まででおさまったときは、点に斜線をつけて消したらいいのです。
 ・最初に小数点をつけることで、小数点のつけ忘れを防ぎます。

C あまりの小数点をうつ位置に線をひく
 ・計算を始める前に、小数点がもとあった位置からまっすぐ下に線をひきます。ここにあまりの小数点がつきます。


東先生、村口くん、ご参加ありがとうございます。
村口くんは部屋についてから、くつをはきかえていました。授業にかける熱意がすごいなあと感心。


次回例会は、11月8日(土)です。
また、いっしょに勉強しましょう。