法則化福袋7月例会の報告


mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】9月例会の報告をいたします。

今回は谷先生が久しぶりの参加でした。ほぼ1年ぶりでしょうか。お元気そうでよかったです。

村岡壮一郎先生
松本隆行先生
橋本麻紀先生
東照久先生
谷直美先生
阪部保先生
福原正教


(欠席連絡)
横田純一先生


【1】模擬授業

@ 松本先生「かむことの力」
範読の練習です。「かむことの力」の中から2文を選び、参加者が一人ずつ範読しました。結果は全滅。範読の意味がわかっていなかったのです。以前、若草でされたそうで、そのときは、唯一村口くんだけが合格だったそうです。すごいぞ! 村口くん。

A 松本先生「形をつくろう」
同じく、以前若草でされた講座から。算数の「形をつくろう」の単元から、「準備するもの」と「手順」を考えました。ふだん、なんとなくわかっているようでも、こうして答えを求められると困ってしまう。要はわかっていないのですね。この2つは、学校の研修でも十分使えますね。

B 松本先生「落葉」
昨日の大和で見せてもらった「落葉」の裏話バージョン?です。おもしろかったです。原典と誤植の違い、これ、松本先生の論文に向山先生がどうお答えになるのかすごく興味があります。今から楽しみ。

C 橋本先生「たしざん」
先週の法隆寺例会のときよりさらに洗練されていて、とてもよかったです。サイトが使えなかったのですが、それでも模擬授業をするという根性がいい。しっかりブロック図も用意されていて、危機管理もできています。また、堂々として落ち着いていたのもよかったです。

D 東先生「いろいろな方程式」
一つ一つのことばがかっちりしていて、安定した授業です。さすがだなと思います。式を唱えるところでは、「( )をはずすと」「移項して」等のことばをつけてあげたら、さらに読みやすくなるのかなと思います。けど、中学生だったら簡単になりすぎるかな。

E 阪部先生 資料「連絡等」
日常の授業風景の中からの問題です。具体的に書かれていて、なぜその行為がだめなのかよく分かります。管理職の先生にきちんと授業行為の意味等を語ってもらえるのは幸せなことだなと思います。

F 福原「あいさつのことば」
前日に大和でした授業です。カードは梶野先生にあげたので、カードなしバージョンです。カードはワードで作成しているので、ほしい方いらっしゃいましたら、私までメールください。添付させていただきます。低学年では、けっこう使えると思いますよ。


【2】算数課題 1年「3つのかずのけいさん」(大阪書籍)

@ 通る道筋を示す
 ・大阪書籍のはじめの絵は余計な情報のオンパレードです。バスが素直に一本道を通って子どもを乗せていけばいいのに、わき道が2本もあり、道の両端にはうさぎやペンギン、あひるやかもまでいます。一見しただけではバスが動いていることにも気がつきません。バスの通り道を示してあげることが大切です。

A 登場人物にも意味がある
 ・他の教科書の登場人物は、リス(教育出版)、さる(啓林館)、犬(大日本図書)、ねこ(東京書籍)です。大阪書籍は人です。人は問題があります。「4にん」のときはいいですが、「2にん」とは書かずに「ふたり」となるからです。数字が表れてこないのです。これは、たった3ページの単元に2箇所あります。配慮がないなあ。

B ことばが確定していない
 ・「すずめはなんばになりましたか。」という問題で、答えの欄は「□わ」 「なんば?と聞かれたら、答えは3ばしかないやん」(松本先生談)


今回は他の教科書の最初のページも印刷したので、挿絵についていろいろ学ぶことができました。例えば、時系列をあらわすために、2段目、3段目でバスを少しずつずらしている。バス(汽車)に乗っているのなら、運転手もきちんと数の中に含めている等々。学びの宝庫。
その単元のある教科書をのせるだけではなく、他の教科書の同単元での主要部分をのせることで、教科書のよさが明らかになってきます。

次回例会は、10月4日(なんと2週間後!)です。
また、いっしょに勉強しましょう。