法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】3月例会の報告です。

松本隆行先生
浅尾真司先生
丸山美香先生
村岡壮一郎先生
横田純一先生
北村善重先生
阪部保先生
福原正教


(欠席連絡)
東照久先生


【1】模擬授業

@ 浅尾先生「円を直線で分ける」
算数授業開きのネタです。楽しいです。簡単な作業から始まって、いつの間にか熱中してしまいます。途中の、「直線が4本だったら最大いくつに分かれるか」を聞いてから、直線をひかせるのが、何度も挑戦したくなるしかけかなと思いました。
学級でするのもいいですし、補教で行った教室でするのもいいですよね。


A 松本先生「フィルムコミッション」
奈良県の観光立国の授業です。松本先生得意の映画をからめての授業で、とてもおもしろいです。トリビア的なおもしろさがありますね。
フィルムコミッションは桜井にもあるということなので、松本先生にいただいた映像を使って、私も作ってみたいと思います。これは、参観日に使えるものになるかもしれません。

B 横田先生「観光立国 天橋立」
ファイルに「観光立国シリーズ」と書かれています。シリーズとして作る気満々ですね。1作と2作を見せていただきました。最初は「そんなん分からへんって」というつっこみ(横田学級の児童を対象に作られているため)も多々ありますが、スライドが進むにつれ、どんどんひきこまれていきます。横田先生の中で型ができているので、一気に量産できそうですね。


【2】算数課題 3年「時こくと時間」(大日本図書)

@ 数直線から時計につなげる
 ・数直線で何時何分を見ると分かりやすい。そこから数直線を丸めていき、これが時計なんですよと。重さの勉強でもそういう構成になっている。

A 時間の書き方は教科書によってまちまち
 ・ある教科書には、「1分間」「1秒」と書いてあり、ある教科書には、「1分」「1秒間」と書いてある。同じ教科書内でも表記の統一はなされていない。
 ・答えるときに、教科書の表記に合わせて答えるようにする。聞かれたように答える。「何分間と何秒とんだでしょう?」→「1分間と15秒」

B 間の時間(分)を問われたら、長い針だけに注目させる
 ・短い針をかくす、もしくはとってしまって、長い針の動きに注目させる。
 ・百均で安い壁掛け時計を2つ買ってきて、片方は長針だけ。片方は短針だけにする。それを教室の横にかけておく。何時何分というのを分けて考えられる。(3年生におすすめ。)

C 「午後2時の20分前の時刻は?」の「前」とは
 ・前と書いてあるので、針が前に進むことだと考える子がいる。「なぜ、前なのに時計の針が戻るのか?」
 ・こういう疑問をもつ子もいるということを知っておく必要がある。

D 単位をかく問題では反論が出ないようにする
 ・「公園で遊んでいた時間・・・・2(   )」
 ・このままでは、「2分」と答える子が出てくる。決してまちがいではない。が困る。

 ・「公園で遊んでいた時間、かくれんぼとかブランコとかしてもう汗だくになって遊んでいた時間・・・2(  )」という問い方をすると、「2分」という答えは出てこない。

E 時刻表の学習はサイトを使って
 ・時刻表の学習をするのに、最適のサイトがあります。くわしくは、4月19日の「TOSSデー特別支援会場」にて。

今回も参加者のみなさまに、かかんにリレー授業に挑戦していただきました。たっぷり脳みそに汗をかきました。また、次回もよろしくお願いいたします。

阪部校長先生、せっかく授業を用意していただいていたのに、時間の都合でできなくて申し訳ありませんでした。