法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】2月例会の報告をさせていただきます。

北村善重先生
松本隆行先生
横田純一先生
井田裕司先生
阪部保先生
姜瞬日くん
村岡壮一郎先生
東照久先生
福原正教


(欠席連絡)
川ア祐加先生


【1】模擬授業

@ 松本先生「分数」
先月の課題は「分数」でした。松本先生が5年生で次の問題を出すと、子どもたちはかなり間違えたそうです。2リットルマスを10等分した1メモリは? 1/10リットルと答える子が多かったそうです。そう答えたくなる気持ちは分かります。
また、「6/5リットルなどありえない。先生こぼれるやん」と。基準量=満杯と思ってしまうのですね。勉強になりました。

A 阪部先生「割合」
割合の問題ですが、少し難しかったです。□などを使った問題は子どもにはとっつきにくいですね。実際の数をあてはめてみるのが簡単だと思いました。
ついでに、問題を少しかえて、以前の割合の復習をさせてもらいました。ありがたいです。

B 横田先生「注文の多い料理店」
まず、今度の水曜日、研究授業ということでがんばってください。(2月に研究授業というのもすごいなあ)
松本先生が言われるように、登場人物は様子が分からないが、観客(読者)は様子がよく見えている、という状態であることをきちんと教えていかなくてはなと思いました。この教材では、登場人物の心情の移り変わりを問うのはちょっとね。
いろいろ学校の中でのこともあり大変ですががんばってください。

C 姜くん「、のつく漢字」
学生とは思えないような落ち着いた物腰。きちんと発問と指示も分けられていますし、堂々としたものです。
サイトの中の言葉では、ちょっと意味のとらえにくいところもありますので、そこは、黒板に例示してあげるなどの工夫がいるかと思います。「生き物に関係ある漢字−魚、鳥など(板書)−をノートに書きましょう」など。


【2】算数課題 6年「比例」(大阪図書)

@ 表をそっくりそのまま写す
 ・表を書いたあと、2倍、3倍の書き込みをするので、はじめに「上と下を5行空けなさい」と指示。
 ・終りの波線もそのとおりに写す。(まだまだ続くという意味。
 ・作業が大変な子のことも考え、途中で確認する。「2分まで書けたら持ってきなさい」

A 2倍、3倍ではなく、1/2、1/3を問うとき
 ・「3は6の何倍ですか?」と問うと、「2倍」という誤答が返りやすい。
 ・「6から3になりました。何分の1ですか?」

B 比例の定義をおさえる
 ・「2つの量があって、1つの量の値が2倍、3倍、・・・になると、それに対応するもう1つの量の値も2倍、3倍、・・・になるとき、2つの量は比例するといいます。」
 ・比例の定義を手をかえ品をかえ、何度も確認する。

C 教科書の吹き出しを補完する
 ・「時間を表わす数を4倍すると・・・」という書き方が大書には特に多い。学習した後、「・・・」をきちんと補完する。
 ・「時間を表わす数を4倍すると、水の深さを表わす数になります」


今回、福袋会員のみなさまに昨年の福袋授業DVD(8本入り)をプレゼントしました。


福袋では、年間を通して6回以上、参加(もしくは不参加表明)していただいたみなさまを福袋会員としてお迎えし、その年の福袋授業DVDをプレゼントしています。
まだ、今年も始まったばかりです。どしどしご参加ください。