法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】12月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
横田純一先生
江戸勇樹先生
丸山明日香さん
北村善重先生
福原正教


(欠席連絡)
村岡壮一郎先生
東照久先生


【1】模擬授業

@ 松本先生「探し方を考える&ウラをとる」
おなじみ、調べ学習シリーズです。私、元ネタの本を持っていますし、何より松本先生のシリーズ、7回か8回授業を受けさせていただいています。
今回の授業の中では、ウラをとることがとても大切なことだと学びました。子どもって一度調べたらそのことに満足してしまってそのまま書いてしまいますから。本当かどうか確かめることはこちらできちんと言ってあげないといけませんね。

A 福原「TOSSデー特別支援会場練習」
今春のTOSSデーの練習1発目です。ありがたいことに今年もTOSSデーの講座をいくつか持たせていただいています。選んでくださった事務局の先生、受講してくださる参加者の方の期待に応えられるようにせいいっぱい練習して臨みます。
今日の練習で得たものは、「全体図を示す」ことです。もう一度練り直します。

B 横田先生「くらべ方を考えよう 導入部分」
今月の課題「割合」の導入部分をまずされました。ご自身でビデオを用意され、とられていました。きっと、何度も見直されるのでしょう。頭が下がります。
今回の企画も、横田先生の希望で行いました。気合いが入っています。
割合については、下記に記します。

C 丸山さん「木曾の最期」
大学での初模擬授業の練習でした。つい2日前にTOSS金魚例会でも授業されたとのことでした。松本先生も言ってられたのですが、知らない人たちの中に(そして初めての場所に)「単身」やってくるのがすごいのです。
授業では指示・発問の言葉に遠慮(「してください」等)が見られるなど、いくつか直さなくてはいけないところはありますが、場慣れすれば(そして意識すれば)すぐに直ります。ぜひ、またご参加ください。

D 北村先生「露」
全体図(こういうような詩なんだよということ)を始めに手短に説明していただいたので、安心して詩に入り込めました。指示・発問もさすが、ぶれがなく、明確にやることが分かりました。
ただ、私は「驚きにけり」がなぜかが分からなかったので、そこが「すとん」と落ちていたらよかった(落としてほしかった)なあと思います。何に驚いたのだろう。まだ分からないです。

【2】算数課題「割合」(啓林館)

@ 元にする量は恣意的に決まる
 ・「定価」だから、または「全体の量」だから、それが元にする量になるわけではない。その人が求めたいものによって、元にする量はかわってくる。

A 単純には比べられない
 ・サッカーでシュートを30回して20点とったAくんと、シュートを40回して21点とったBくんでは、どちらの方がよいのか?
 ・シュート成功率では、Aくんの方がよいが、サッカーは点をとってなんぼなんだから、Bくんの方が優秀ともいえる。
 ・または、時間的には同じなのだから、同じ時間で20点とったAくんより、21点とったBくんの方が優秀と言うことができる。単純には比べられないのだ。

B 「割合」から見つける
 ・くらべる量と元にする量の単位は同じである。よって探しにくい。割合はすぐに見つけることができる。
 ・この単元でもっとも難しいところは、元にする量がどれかを見つけることである。それは、次のようにすればよい。
 ・割合を見つけた後、次のように言う。
 ・「元にする量は割合の直前に書いてあります。教科書に何と書いてありますか。」(定員です)
 ・「定員は何人ですか。」(15人です)
 ・「比べる量は希望者ですね。何人ですか。」(分かりません)
 ・「書いてありませんね。?人と書きます。」
 ・このようにやりとりしながら、黒板の「くもわくん」に書き込んでいく。そして、

 ・「式と答えを書きなさい」

 ・こうしたことが分かっていたら、元にする量は必ず見つけることができる。後は何度もこのやり方ですることで、勉強の苦手な子もできるようになる。

C 百分率・歩合はフラッシュカードで
 ・0.01=1%などは、授業のはじめにフラッシュカードで何度も練習する。次々にやっていくと、短時間でかなりの練習ができる。



今回は人数が少なかったこともあり、何度も前に立って練習することができました。聞いていて「なるほど、そうするのか」と思ったことでも、家に帰るとわすれてしまうことがよくあります。リレー形式でしていくと、直前にしてもらったよいやり方をそのまますぐに練習できます。(ついさっき聞いたばかりなのに案外できないものです。)愕然としてしまいます。こうやって自分で例会報告としてまとめるのもとてもいい勉強になっています。

今年も1年間ありがとうございました。

次回の法則化福袋例会は、1月19日(土)です。またのご参加をお待ちしています。