法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】9月例会の報告をさせていただきます。

江戸勇樹先生
横田純一先生
川崎祐加先生
中谷文子先生
梶野修次郎先生
松本隆行先生
赤塚照子先生
谷田雅人先生
東照久先生
福原正教

(欠席連絡)
村岡壮一郎先生
谷直美先生


【1】模擬授業

@ 横田先生「小数のかけ算練習問題」
いついかなる場でも授業を用意している横田先生の姿勢がすばらしいです。「先生と同じように」と言ったときは、きちんとそうするべきと私は思いました。多分、きまじめな子ほど、先生の指示をよく聞いて、その通りに合わせると思います。そして、別に同じでなくてもよかったときに、「先生、同じって言ったのに・・・」と小さな不信をもつのではと思います。(私が気にしすぎなだけかもしれないですが)

A 江戸先生「計算のきまり」
法隆寺のときより、コンテンツがずーーーっとすっきりしていました。必要なところも大きく表示されていましたし。あれだと、みんな見やすいと思います。線分図から式を立てるのは難しいですね。梶野先生と松本先生の代案がすごく分かりやすかったです。私も5年生をもったときは、やってみようと思います。

B 福原「新作サイト紹介」
1つ目はOK。2つ目はいまいちでした。いくつかヒントをもらえたので、改良して再チャレンジ。


【2】リレー教材 1年「たし算」

@ 導入部分(梶野先生)
・挿絵の「とまっている車」と「動いている車」を分ける。ここでもやっとして立ち止まってしまう子がきっといる。
・式を聞いたときに、意図していない答え(8+3=11)が返ってきても、明るくほめる。(ここらへんの対応はさすがにお見事。私はこれが苦手です)
・たし算のアルゴリズムは、この単元に入る前に、百玉そろばんでたっぷり練習しておく。

A 「9+4」など練習部分(中谷先生)
・おはじきや指など、いろいろな操作活動をして習熟させる。その後、「9+4=13」と唱えることは必要。
・これ以降のことになるが、暗算できなくて指で計算する子もいる。そのときも、答えが分かった後、「○+△=□」と口で唱えることが大切。そうしていくことで、だんだんすっと口に出てくるようになる。


B 「7+5」さくらんぼ計算の導入(川崎先生)
・補数の練習が必要。
・くりの7こと5こを合わせるときに、くりを10こにして囲む。
・具体物から半具体物へ。
・柔らかい口調なので、指示がすっと耳に入ってくる。とても大切なこと。

C 「9+5」(江戸先生)
・教材文の不備に気づく。「あかいはなが9つ、きいろいはなが5つさいています。あわせて、いくつさいていますか」→どう答えを書いていいか分からない。
・9つ→9本、5つ→5本というように、問題をなおしてあげる。
・花を囲ませるときに、「花壇を作りましょう」と。低学年の子だと特にイメージしやすい指示。

D 「4+8」(横田先生)
・どちらからも、さくらんぼ計算ができるようにする。「4を2と2」「8を6と2」 どちらでもできるようにする。
・このときも、百玉そろばんが有効。「どちらを10にしましょうか?」から唱え方スタート。
・挿絵のおにぎりは見にくい。低学年の子はななめのものが認識しにくい。たてに並べなおしてあげる。
・テンションの高さで一気に引き込む。(横田先生の1年生教室って見てみたいな)

E たしざんのカード(赤塚先生)
・変化のある繰り返しで次々と活動を行う。さすがです。
・「答えが11のカード」をさがすときは、一気に全部させるのではなく、「上の1列目」だけなどと限定する。


1年生教材、しかも「たし算」と分かっていたのに、百玉そろばんを準備していませんでした。こういうところに気がつくようにならないと・・・。少し反省。

次回、10月13日例会予定です。また、よろしくお願いいたします。