法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】8月例会の報告をさせていただきます。

年光恵子先生
横田純一先生
川崎祐加先生
姜舜日くん
有平沙織さん
阪部保先生
福原正教

(欠席連絡)
松本隆行先生
東照久先生


【1】模擬授業

@ 横田先生「小数の割り算唱え方」
横田先生に「最初に何をするか」聞かれて、「あげてん」が出てきませんでした。ふだん意識してない証拠ですね。小数点を最初に書かせるのは付け忘れを防ぐために大切なことです。
子どもが言ったとおりに返してあげることは大切なことだと思います。「○○の横に・・・」と答えたら、「○○の横に・・・だよね」と返す。子どもにわずかなひっかかりを作らないために必要なことかなと最近よく思います。

A 阪部先生「文字の変化? 工作」
紙を横にひっぱると別の字があらわれます。少し大きめに作られて、始業式でお話の中で披露されたらすてきだろうなと思います。校長先生の話の長いのはしんどいですから。阪部先生のその一工夫だけで、場の空気が大いになごむと思います。

B 福原「パソコンのセキュリティ」
夏休みが始まってすぐにあった校内研修のネタです。私の学校の先生はパソコンのセキュリティをされている先生が非常に少なかったです。ウイルス対策ソフトを入れるのは当たり前ですが、それだけではもちろん十分ではありません。マイクロソフトから定期的に送られてくる「アップデート」をきちんと実行していくことが大切だと思います。
手動でアップデートをするのはおっくうになってしまいます。「自動アップデート」にしておいて、自動的にアップデートできるようにしておきましょう。
「マイコンピュータ」の上で、右クリック→「自動更新」タブをクリック。自動更新にチェックを入れる。(自動更新される時刻に注意)

C 年光先生「町人教の発表」
8月はじめにされた町人教の発表をしていただきました。原稿を見ずに画面を時々見るだけですらすらと発表されていました。すばらしい。パワーポイントで資料を作られていたのですが、学校の先生に習いながら作られたそうです。常に新しいことに挑戦されている年光先生の姿勢に学びたいと思います。

D 川崎先生「声を出す指導」
笑顔と対応の柔らかさがとても素敵でした。聞けば模擬授業初挑戦とのこと。途中1回も説明(言い訳)のようなこともまるでなく、最後までばしっとされていました。私が初挑戦のときとは雲泥の違い。やっぱり女性の先生は授業がうまいなとつくづく思いました。「1年生の子に合わせて」ということでしたが、高学年でも十分通用すると思います。柔らかい対応をしてもらったら、それだけで安心して授業が受けられます。

E 福原「歴史グランプリ」と「アタック16」
「歴史グランプリ」を初披露しました。技術的には「アタック16」を超えているのですが、インパクトではどうしても劣ってしまいますね。いくつか課題ももらえたので、それを元にしてなおしていきたいと思います。

F 姜くん「昆虫図鑑を使っての授業」
明日の子どもTOSSデーの練習でした。(明日、がんばってくださいね!)
まず、画面がとても見やすかったです。姜くんの技術だとあれやこれや写真を動かしたり、文字を動かしたりとできるはずですが、あえてそれをしていないところがよかったと思います。(余計なところに気をとられますからね)
常に笑顔で対応されているところもよかったと思います。「ああ、来てよかったな」と思わせることが大切ですからね。きっと好印象をもって帰っていただけると思います。


【2】リレー教材 5年「小数×小数」
時間設定を誤り、尻切れトンボに終わってしまいました。横田先生、申し訳ない。
それでは学びを。
・大切なところはしっかり書く。しっかり書くところと小さく書くところのメリハリを。

・教科書の説明部分をうまく使って、こちらの説明をできるだけ省くようにする。
・小数の筆算では、計算は黒板に書いておき、小数点を移動する練習をする。


次回、9月15日例会予定です。また、よろしくお願いいたします。