法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】7月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
村岡壮一郎先生
荒井健司先生
吉井加純先生
福原正教

(欠席連絡)
東照久先生
横田純一先生


【1】模擬授業(お知らせ)

@ 松本先生「フォトレタッチを使った図工」
フォトレタッチのソフト入っていました(同じ型のパソコンだから当然ですが)。昨日、いろいろと写真を加工していたのですが、おもしろいですね。図工としても手軽にできて、みんな喜ぶと思います。ところで、私は最近@メニューのお気に入りを活用しています。ふだんからよく使うソフトはデスクトップではなく、そちらにはりつけるようにしています。

A 松本先生「windows98が危ない」
昨日の朝日新聞にのっていた記事です。朝日新聞を買って帰ろうと思いながら、つい忘れてしまいました。松本先生、mlのブリーフケースに入れてほしいな〜。よろしくお願いします。
みなさん、ご存じの方いるかと思いますが、98やmeのアップデートは現在行われておりません。新種のウイルスなどには対応できないのですね。記事では、ウイルスソフトを入れてもだめだそうです。(ソフト自体が98やmeに対応しなくなってきているため)。一番よい方法は、「98やmeをネットにつなぐな」ということです。学校で一体どうしますか?(ほとんど98ですよね)


【2】リレー教材 2年「ひき算のひっ算」

@ 「38−12」(福原)
・無駄な言葉が多い。動きすぎる(修行不足です)
・これは簡単なところだからすっといく。こてこてしなくても、分からない子いないでしょう。この単元では繰り下がりがメインなので、さっといけるところはさっといく。
・「68−64」十の位の0を書かないようにする指導。0を書いてから、斜線でけす。これで、し忘れたのではなく、きちんと計算をしたんだよということが分かる。これは、特支でも有効。ぜひ、試してみたい。

A 「45−27」(村岡先生)
・ブロックと筆算とを対応させる。ブロックを引かれる側に書いて、引く側に数字を書く。そこで、計算をしてから、となりには筆算で同じように計算する。(この説明難しい。例会に出た人だけだろうな、イメージできるのは)
・「35−8」8を書く場所を分からせることがポイント。ぐだぐだ説明しなくても、筆算を書くときに教師が間違えてあげ、「先生違うよ」と子どもに指摘された後、「先生、間違えちゃった」と言いながら書き直すだけでよい。
・先生が間違えたときに、「うん、そうや。そこに書くね」という子がいて、みんなそれにひっぱられたらどうするのか? →「2年生でそんなことは絶対にない!」(松本先生談)

B 練習問題9問(荒井先生)
・早い子と遅い子の時間差を埋める工夫をする。
・いすをしまわずにノートを持ってくる子に、席を立ったときに注意をするのではなく、教師のところまで来たときに注意をする。(早い子への時間稼ぎ)
・3問目まで黒板が埋まった時点で、書いた子を立たせて、唱え方も言わせて発表させる。その間、発表している子の手をストップさせる。
・いつも3問目だけを見て○うちをするのではなく、一番最初に持ってきた子には、1問目を見て○うち。2番目の子には、2問目を見て○うちをする。(3問目の○うちをしていると、もしかしたら、1問目が間違っているかもしれない。間違ったまま黒板に書かせると、その子に恥をかかせてしまうし、黒板を写した子がみんな間違ってしまう。

C 「129−73」(荒井先生)
・「やすおさんの考え」「はるみさんの考え」ともに、あつかうと子どもが混乱する。あつかわない。
・アルゴリズムは何度言ってもぶれないようにできるだけシンプルにする。
・ただ、シンプルにするだけではなく、次の単元でも使えるようにする。

D 「125−86」(吉井先生)
・できている子をほめて、間をとって、時間調整をする。
・百の位の0−0=0も言う。
・斜線の方向(右上がり、右下がり)にも気をつける。右下がりにする。(右上がりだと1と間違える)

E 「105−78」(松本先生)
・「0というのはありません」(手振りも)
・答えの百の位の0は斜線でけす。
・けすタイミング→ 「答え・・・」というところでけす。
「0−0=0」のところで、0を書くと同時に斜線でけしてはだめ。(十の位や一の位の0を消さないためにそうする)


松本先生には、ほぼ全ての箇所で代案を出して授業していただきました。すごく学びがありました。
最後の「105−78」は松本先生に最初に唱えてもらい、それを私たちで再現するということをしました。福原もかなり自信をもって臨んだのですが、微妙なところで間違いがありました。再現するって難しい。


次回は、8月11日例会予定です。また、よろしくお願いいたします。