法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】6月例会の報告をさせていただきます。

浅尾真治先生
富越陽平先生
村岡壮一郎先生
横田純一先生
福原正教

(欠席連絡)
谷直美先生


【1】模擬授業

@ 浅尾先生「素数の規則性」
知的でおもしろいです。素数ゼミというのも初めて聞きましたし。自然の力ってすごいなと思います。他にもそのような例はないんでしょうか? いくつか組み合わせるともっとおもしろくなるかなと思います。まだ未完成の部分、なぜ素数になるのかの部分がすとんと落ちるととてもよい授業になりますね。

A 横田先生「割り算の筆算の唱え方」
以前、大和でも見せてもらいましたが、そのときよりも格段にすっきりしてぶれなくなっていました。何度も練習されたのだろうなと思います。
私のリクエストで、「32.5÷13」のような「立てる数」を減らす計算をしてもらいました。どこまで子どもに言わせて、どこまで教師がさらっと言ってしまうのか知りたかったのです。横田先生にやってもらった後、浅尾先生が持ってられた音声ファイルで、向山先生の唱え方を聞かせてもらいました。納得! 自然でした。

B 福原「授業ビデオを見てもらう」
6月1日にとった教室のビデオを見てもらいました。ビデオを見てもらい、いろいろご意見をいただきました。言葉のフラッシュカードを作ってやってみます。
最近、プリンタを買ったのですが、そのプリンタだと、スワン紙がすべらないのです。今まであまりスワン紙を使っていなかったのですが、今年はやたらめったらスワン紙に印刷して使っています。


【2】リレー教材 1年「のこりはいくつ」

@ 導入・式の立て方(富越先生)
・ペンギンのお話つくりもていねいに扱う。1ページに4つの場面がのっているので、1場面ずつ出し、物語を作らせる。(ひき算とはこういうものです という導入に使う。)
・お助けだんごを書く。
 5−3=2
 ○○●●●    (●は○の上に×)
・自動車が出発している絵(4台停まっていて1台だけ少し出ようとしている)はその静止画だけだと式が立てにくいので、具体物で示す。
 黒板に5つ車の絵をかき、そのうち1つだけを移動させるなど。

A 「8ひきいました。2ひきにげました」(浅尾先生)
・最初に皿に残っているかにさんを数えて、答えを確定させる(安心させる)。
・かにを数えるときに数え間違える子がいるかもしれない。正しい答えを言った後、「念のためもう1回数えてごらん」←間違えた子を救う。
・細かく分けて作業させるのはていねいすぎる?
 「8ひきいました」 おだんごを8つ書く。
 「2ひきにげました」 おだんごに2つ×を書く。

B 「風船が10こあります。青い風船は4こです。黄色い風船は?」(村岡先生)
・今までの問題と毛色が違い難しい。(逃げたり食べたりして消えてしまうわけではない)
・おだんごを書いたときに、「青色をぬっていくのは大変だから、青の風船には×をつけましょう」 このようなときにも×をつけて消すんだというのを規定する。
・後は同じような問題を何度も繰り返す・・・?
・何か今までのと違い、もやっとした感じが残ってしまう。これはどう言えばよいのでしょうか?

C 0のひきざん(福原)
・最初に「これは何をしている場面ですね」と場面説明をさらっとする。
・1本たおすと→ 3−1=2
 たおせないと→ 3−0=3
 「たおせないと」を「0本たおすと」に翻訳。
 または、「たおせないと」の「ない」を強調し、「0」なんだということを分からせる。
・「4−0」などはおたすけだんごを書けるが、「0−0」はどうやっておたすけだんごを書くのだろう? ここは書かなくてもいいのかな?


今回、ちょっと分からず残ったところがいくつかあります。1年生担任のみなさま、経験者のみなさま、どうでしょうか?

次回は、7月7日例会予定です(近っ)。また、よろしくお願いいたします。