法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】5月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
村岡壮一郎先生
梶野修次郎先生
東照久先生
横田純一先生
吉井加純先生
谷直美先生
福原正教

(欠席連絡)


【1】模擬授業

@ 松本先生
 「都道府県クイズ」
 「都道府県スケルトン」
 「ああ、ふみやほい」
 「計算問題の作り方」
盛りだくさんのネタでした。全部まとめていただけたのがとてもうれしいです。
計算問題のファイルはすごい! なるほど、こうやって使うのか。いろいろ応用がききそうです。

A 福原「ぴよちゃんとひまわり」
以前作った「だいじょうぶだいじょうぶ」の感動の再来をねらって作ったファイルですが、どうもいまいちだなあ。いい話だと思うんだけど・・・。


【2】リレー教材 5年「小数のかけ算」
@ 0.2×4(吉井先生)
・「0.2×4」の式を立てるときの「上を参考にして」(2×4)という言葉をそえるのがよかった。
・教科書の数直線に0.1を書き加える。けど、全てに書くのではなく、0.2のセットが4つあるように見せる。

A 0.3×4(谷先生)
・0.1が12こあるというのが難しい。教科書の横に書いてある「0.1が10こで1になるから・・・」というふきだしを利用する。
・それでも、「0.1が12こで0.12」と間違えてしまう子はいる。ある程度、問題をこなして慣れさせていくしかない。
・0.5×4=2 か 2.0 か。「0と点をけして、2と書くようにしましょう」と、最初に教師が規定してやる。

B 2.3×6筆算の部分(村岡先生)(横田先生)
・式を立てるとき、「2.3×6」を「6×2.3」と書いてしまった子に対して。「問題文に ずつ がついているのがはじめです」と規定する。
・問題文に「ずつ」が入っていない場合でも、「 ずつ という言葉を入れられる方を前にもってきます」と言えばよい。
・小数点のつけ方について。↓でつけるやり方と、お皿を書く方法と2つある。どちらがいいか? 最初からお皿を書くやり方がいい。後に、「2.3×0.6」の筆算をするときも、つい↓をつけてしまいそうになる。はじめから、お皿に慣らしておくのがよい。

C 1.2×43(東先生)
・12×43の計算がしっかりできているのか確認する。後は、前回までにしたことと同じことをするだけ。
・筆算でするときは、必ず教師の読みがぶれないこと。いつもぶれないように、ぎりぎりまで言葉をけずる。


今回、参加者が多かったため、松本先生と梶野先生には割り当てをせず、それぞれの授業に代案を出してもらいました。


次回は、6月9日例会予定です。また、よろしくお願いいたします。