法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】3月例会の報告をさせていただきます。(本当は拡大例会だったのですが、まあよし)

伊禮徳彦先生
横田純一先生
東照久先生
福原正教

(欠席連絡)
松本隆行先生
梶野修次郎先生
村岡壮一郎先生
丸山美香先生
谷直美先生
北村善重先生


【1】模擬授業

@ 福原「志村けん」
時間前にほんの前座でちょこっと見てもらうつもりが、1時間にわたって、いろいろ意見をいただくことになりました。自分の中でもやっとしていたところが、どんどん解消していきました。みんなで検討してもらうって本当にいいですね。本当に感謝感謝です。


【2】リレー教材 2年「1000までの数」
@ 導入 数のあらわしかた(伊禮先生)
・羊を10で囲んでいる子を素早く見つけ、大げさにほめる。(波及させる)
・基本形は、
 12 6
 百十一

 百十一を数字の下に書く。(読むのが苦手な子のために)

A 240は10を□こ集めた数(東先生)
・240
百十一
百を指でかくす。(24が残る)
・「240は1を□こ集めた数」→百と十を指でかくす。

B 1000について(横田先生)
・「あといくつで1000?」という問題。900の場合だと、900までの図を囲って、「残りは?」と発問する。
最初は図で視覚的に確認できるようにする。
その後、練習問題で、図を使わなくてもできるように習熟させる。
・数直線の問題は、いくつずつ増えているかをまずおさえさせる。それが分かれば、後はできる。
・いくつずつ増えているか→○とびか
百玉そろばんを使って確認する手もある。
1,2,3,4,5,6,7,8,9,100?
・(590 607)どちらが大きいか?
 横ではなく、縦に並べる。(大書以外は全てそうなっている。)
 590
 607
百の位から順番に大きさを比べることができる。

C なん十の計算(福原)
・50+30 子どもにまず計算させる。ぱっとできる子が絶対にいるので、その子にどう考えたら早いのか説明させる。後は習熟。


TOSSデー期間中につき、4月例会はありません。
5月に例会予定です。また、よろしくお願いいたします。