法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】2月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
浅尾真治先生
横田純一先生
梶野修次郎先生
東照久先生
福原正教

(欠席連絡)
村岡壮一郎先生
丸山美香先生


【1】模擬授業

@ 松本先生「石山の石より白し秋の風」
最近、五行説の授業をいろいろなところで見ます。流行しているのか? 松本先生の授業も、白と秋というところで、五行かな?と思いました。しかし、その後の展開がとてもスムーズで、さすが松本先生!と思いました。色の順番は、青→赤→白→黒ではなくて、青→黄→赤→黄→白→黄→黒→黄なのですね。

A 松本先生「職員室での仕事術」
2月25日の「学級経営即戦力セミナー」の講座です。40項目以上書かれているのですが、その一つ一つが納得。ふだん、松本先生としゃべっていて、分かっていることだけではなく、今日、「おー、なるほど」と感嘆することもありました。ぜひ、「学級経営即戦力セミナー」へ足をお運びください。この講座だけで、元が取れますよ。

B 東先生「マッチ棒の問題」
マッチ棒で三角形、六角形を作って、何段では何本になるかを問う問題です。最初はかすかな規則性を見つけ、後は体力勝負でいけたのですが、100段となるとお手上げでした(教室だったら、それでも体力勝負に走りますが)。公式をそれぞれの方法で見つけだした浅尾先生、松本先生に脱帽。頭いいなあ。
20段目までなら、小学生にも挑戦させたいなあ。


【2】リレー教材 5年「円」
@ 円周の長さの導入(横田先生)
・円いものを事前に準備させる。
・ひもを巻く作業では、ひもではなく、裁縫セットの巻き尺を使う。
・ものさしにそって1回転させる作業は、すべるので子どもにはさせない。(演示)
・表に円周と直径を書き込ませた後、すぐに分かったことを発表させず、円周÷直径をさせ、計算結果を元に、分かったことを発表させる。

A 円周の長さ、直径を求める練習(松本先生)
・シチリー島と、ちの掟(授業見てなかったら、何のこっちゃ分かりませんね)。
      ↓
 松本劇場がたっぷりです。みんな笑い転げました。そして、勉強になる。来月の拡大サークルに来ていただけた方には、この様子も入った「DVD」をプレゼント。

B 直径の長さを変えると円周の長さは?(浅尾先生)
・直径×3.14=円周と書いたあと、その下に直径を書き込ませていく。
 直径×3.14=円周
  1 ×3.14=3.14
  2 ×3.14=6.28
・その後、直径6cm、100cmと式を作らせ、最後に□cmではとステップをふんでいく。

C 円の面積導入(考え方)(梶野先生)
・円周の上半分を赤色、下半分を黒色でなぞる。横の平行四辺形? にも、同じ部分を赤と黒でなぞらせる。一番下の長方形でも、赤と黒で順番になぞらせる。円のどの部分が、長方形のどの部分になったのか一目で分かる。
・しかし、教科書ではやはり分かりにくい。サイトで見せる→岩本先生のサイト。5回も見せれば、どの子も分かるだろう。

D 東先生「工夫して面積を求める」
・大きい円と小さい円に分けて見せる。
・式のところから、(大きい円)−(小さい円)を絵で見せる。
・スマートボードの出番。小さい円をドラッグして、離してあげたら、何をするか一目瞭然。


今回、みなさんの授業を見て、詰めるところがよく分かりました。また、間違えた子へのその後のフォローもとても勉強になりました。ありがとうございました。


次回、法則化福袋は3月10日(土)拡大例会です。
ぜひ、たくさんの方に来ていただきたいです。