法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】1月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
近藤光弘先生
谷直美先生
福原正教

(欠席連絡)
東照久先生
横田純一先生
丸山美香先生


【1】模擬授業

01 協賛金訪問についてレクチャー
松本先生、近藤先生に協賛金獲得までの手順を教えていただきました。
何回にも分けて訪問することを知りました。なるほど、これなら自分にもできそうだなという話です。協賛金獲得もこれからがんばります。

02 にせ札事件
松本先生の参観日鉄板ネタです。答えを聞いて、理屈は分かるのですが、それでも「何だかなあ」という感じです。まだよく分かっていないのかも。明日、若草でされるようなので、詳細は伏せます。


@ 松本先生「くぎり符号の使ひ方」
普段使い慣れている句点(。)ですが、いざこのように問題にしてもらうと、意外と間違えてしまいます。松本先生の変化のある繰り返しは、一見、簡単そうに思える問題でも、思わず食いつかせるだけの力を持っています。

A 近藤先生「よさこいソーラン祭り」
昨日、法隆寺でされたよさこいソーランの息づかいの基本をもう一度していただきました。「ハッハッ!」と声を出すところが小気味よくとてもいい感じです。
見せていただいた映像を見ていると、かっこよくて、子どもたちに指導したくなります。




【2】リレー教材 3年算数「かけ算の筆算(2)」
@ 2けたの数をかける筆算の導入部分(近藤先生)
・あすかさんの考えから、分かりやすく筆算につながっていた。
・マスが大きいノートでは、横式と筆算を並べて書くことができない場合がある。
・スマートノートブックを使い、前で見せる。(例えば、21は一つのマスに入れる等)


A 筆算の唱え方(谷先生)
・教師が唱え方がぶれないようにする。
・唱え方は、できるだけシンプルに。
・筆算の真ん中部分(たしざんをするところ)の一番けたが大きいところは、「0+2」のように、他のけたと唱え方(調子)を合わせる。
・8×4=32では、3から書く。
・繰り上がりの数字をどこに書くかは、自分の考えをもつ。

B 76×30の計算(松本先生)
・工夫して筆算する必要はない。今までどおりのやり方で通す。(ばかの一つ覚えが一番確実)
・工夫したやり方を無理してしていると、○○×208のような計算で必ずつまずく。


C 3×28  30×52  80×30の計算(福原)
・一つ一つ逐一指導をしない。
・子どもにしたい問題を選ばせ、させてみる。
・その後、前で子どもにさせる。
・分からない子はそこでチェック。→別の子に説明させる。
・次の練習問題で、全員に習熟させる。


最初にした計算のやり方を最後まできちんとやっていくということが大事だなと思いました。


次回、法則化福袋は2月10日(土)です。

【次回課題】
○年生3月教材「   」を授業します。
取り上げてほしいなという教材がありましたら、ぜひ、ご連絡ください。必ず得します。