法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。


【法則化福袋】12月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
谷直美先生
横田純一先生
福原正教

(欠席連絡)
梶野修次郎先生
東照久先生


【1】模擬授業

0 作文(日記)指導について
横田先生がいらっしゃるまで、松本先生、谷先生とともに作文の宿題のことで話をしていました。主に作文の題材について。一部紹介。
・○○に言いたい
・もしも、○○が巨大化したら
・作文の出だしを決める「昔々あるところに」
・給食のこんだてを見て
などなど。3学期の作文題材のネタが一気にたまりました。


@ 横田先生「等しい比」
法隆寺、大和と見せていただいて、今回3回目です。昨日、澤田先生に指摘していただいたことを守り、声を少し落としぎみでした。また、数字だけをおうのではなく、途中、線分図を入れたりなど、昨日の学びが生きていたような気がします。松本先生の助言、「:はフランスではわり算の記号」というのが、すっと落ちて子どもも納得させられると思います。
「スプーン○ばい」の「ばい」は漢字にして説明する。
「杯」を「倍」と勘違いする子も出てくる。


【2】リレー教材 5年算数「割合」
@ 割合の導入部分(谷先生)
・「ゴールシュートの記録」の特定部分を取り出す。
 ゴールした数が同じ2組
 シュートした数が同じ2組
・ゴールした数と失敗した数を比べる。

A 割合=くらべる量÷もとにする量(横田先生)
・「クラブの希望調べ」の表の取り扱い方
 入りにくいクラブと、入りやすいクラブを分ける。
 競争率−1倍より高かったら入りにくい。
       1倍より低かったら入りやすい。

B 百分率(福原)
・%を使う意味を考える。
・%を具体的に使う。(クラスで事前にアンケートしてその結果で使う)
・0.58を百分率で置き換える
 0.58倍
   58%  そろえて書く

C 歩合(松本先生)
・300円の□%は240円
 (くもわくんを使う)
 240÷300=0.8
 0.8=80%
 答え 80%
・割合の問題は、全てこの形式で問題を解く。

D 割合を使う問題(福原)
・問題の余計なところを消す。
・あるコンビニエンスストアの1月1日の売り上げは、60万円でした。1月2日は、1月1日の120%にあたる売り上げがありました。1月2日の売り上げはいくらでしたか。
         ↓
・1月1日は60万円でした。1月2日は、1月1日の120%でした。1月2日はいくらでしたか。

(全体を通して)
・割合は、それぞれ使う意義を語る。何のために必要なのか。どういう場面で使うのか。

・歩合と百分率をくらべる練習をする。
 0.7=70%=7割
・「1.2」と答えてもらいたい場面で、子どもが「120%」と答えたとき
(福原)そうじゃなくて、小数では?
(松本)そうだ、120%だね。小数にすると1.2だ(といって、黒板に1.2と書く)

松本先生の方が、あったかく、もやっとした感じが生まれず授業が流れていく。


今回、希望者がなかったので、5年生の1月教材をさせていただきました。昨日まで「どうやって授業しよう・・・」と頭をかかえていたのが、霧が晴れたように頭がすっきりしました。
横田先生「はよ5年生やりたくなったなあ」
私も、はやくこの単元をしたくなりました。


次回、法則化福袋は1月13日(土)です。

【次回課題】3年生2月教材「かけ算(2)」を授業します。3年生担任の先生のみなさま、どしどしご参加ください。