法則化福袋7月例会の報告


【法則化福袋】11月例会の報告をさせていただきます。

横田純一先生
井田裕司先生
東照久先生
松本隆行先生
村岡壮一郎先生
福原正教

(欠席連絡)
吉澤雅嘉先生
谷直美先生
大西永祐先生



【1】模擬授業

@ 井田先生「最新の脳科学を生かした作文指導」
自作の作文用紙を使った作文指導でした。原稿用紙の使い方を自分でチェックできるほか、比喩、体言止めなど作文をよくしていく工夫満載でした。
例会でも話しましたが、チェックの数が多すぎるので2つに分けるのと、学力的にしんどい子が見て分かるようにチェックを文章化するのがいいと思います。また見せてください。

A 横田先生「どっちの料理ショー」
いよいよ近家研が間近に迫ってきましたねえ。今日は最後の部分を見せてもらいました。Eの「いも料理にはどんな料理があるか発表する」と、Fの家族のためのおすすめのいも料理を作るポイントを考えさせる」の間がすごいジャンプですね。本当は、素知らぬ顔でFをかえてしまうのがいいのですが、きっとそうもいかないでしょうから、何か間を埋める手立てが必要ですね。
横田先生の授業を見られたみなさま、何か良い案はないでしょうか。

B 東先生「献血活動について」
TOSSで行われた(というか行われている)活動は確実にされていますね。選んで流してしまう私は反省です。
私も夏休み前など、血についていろいろ調べていたので、とても興味深く授業を受けられました。テキストには書いていなかったけど、なぜ、A型はA型からしか輸血を受けられないのかなども合わせてあったら、もっと興味がわいたかもと思いました。
松本先生が紹介してくれた映画もおもしろそうです。問題の場面だけでも見たいなあ。


C 松本先生「九九のひょう」
今日の参観でされる授業です。指を使った九九の授業です。指をおって答えを出すやり方は知っていたのですが、すぐどっちがどっちか忘れてしまうので、子どもの頭には入りませんでした。松本先生が言われた言葉「起立はたして着席かける」はすっと入って、子どもにも優しいと思いました。
九九の表では、山川亨先生のサイトにこういうものがあります。http://homepage2.nifty.com/t_yamakawa/san/kuku_puzzle/index.html


【2】リレー教材 6年算数「分数のわり算」
@ 分数のわり算の計算の仕方を考える
  (井田先生)
 ・式を立てるまではさっと。
 ・面積を求める式は、「ぬれる面積」÷「ペンキの量」=「1dlでぬれる面積」というのが書いてあるので、それに当てはめていく。

A 3/5÷2/3の計算の仕方
 (横田先生)
 ・△/□÷☆/○=△/□×○/☆になる理由を説明しない。(一部の子しか分からない)→「何で分母と分子が入れ替わるの?」と質問があったときに、「教科書を見てごらん」でいい。一律にあつかうと大混乱を起こす。
 ・△や□を別のもの(あ、い  他は ア、イ)などにかえて何度も練習する。

 (松本先生・ミニコラム)
「小学校では、=の右辺と左辺は等しいか?」
おもしろい。追試します。

B 分数のわり算を使って(かけ算から逆算するパターンと、時速や速さを求めるパターン)
 (村岡先生)
 ・今回、一番難しいところ。立候補された勇気にまず拍手。
 ・分からない部分を□として、簡単な文章の式になおす。
(例)びんにジュースが600ml入っています。これは、びん全体のかさの2/3にあたります。びん全体では何ml入りますか。
          ↓
□mlの2/3は600mlです。

(式) □×2/3=600

 ・簡単な文章になおしてからの方が、式は立てやすい。

C どんな計算になるのかな
 (東先生)
 体の図があり、そこに「脳の重さ 体重の約1/45」などとふきだしで書かれている。
 ・ふきだしの部分を一つ一つ読んでいかない。問題に合うところだけを探させる。
 「@の問題に合うのはどれですか。見つけたら立ちます」というように。

D 1/2×1/3の答えと、1/2−1/3の答えが同じになる法則性を見つける
 (松本先生)
 ・全員が見つけることを求めない。
 ・手早く説明して、規則性をできるだけ簡単にして問題を作らせる。
  △/○×△/□が、△=□−○のとき、答えが同じになる。

E いろいろな分数のかけ算・わり算
 (福原)
 ・逐一指導をさけ、難問形式で選ばせて問題をとかせる。


次回、法則化福袋は12月9日(土)です。

【次回課題】○年生1月教材について授業しましょう。
できるだけ早く参加表明をしていただいた方の学年を優先したいと思います。教科書会社も合わせて教えてください。