法則化福袋7月例会の報告


【法則化福袋】10月例会の報告をさせていただきます。

東照久先生
伊禮徳彦先生
松本隆行先生
横田純一先生
谷直美先生
吉田愛先生
福原正教

(欠席連絡)
村岡壮一郎先生


【1】模擬授業

@ 東先生「大阿蘇」
大阿蘇の詩を使った授業です。最初の追い読みがすごくテンポがよかったと思います。また、書いた後、「速いなあ」とほめてもらえたのもうれしいです。さりげない一言ですが、あるのとないのとでは大違いだなあと再確認。
途中、コピーをとるため見れなかったのが残念です。

A 松本先生「アンパンマン」
いい授業でしたね。子どもがアンパンマン大好きなこともあり、すっかりひきつけられてしまいました。まだ未完成ということですが、今の状態でも十分使えますね。今週さっそく使おうと思います。
家に帰って嫁さん相手にしてみたのですが、受けていたのとちょっと違う。松本先生の話術ですね。道徳の時間までにたっぷり練習しておきます。

B 伊禮先生「ペリー来航」
ファイルが開きませんでした。指導案を見ると興味深い発問があったので残念です。
スマートノートブックは新しいバージョンが出ていたのですね。まだ、mlでそういう情報は流れていないですね。新バージョンでどこが変わっているか確かめてみます。(けど、旧バージョンで開けないということなら、ちょっと二の足を踏みますね)


【2】リレー教材 6年算数「分数のかけ算」
@ 4/5×1/3の計算の仕方を考える
  (松本先生)
 ・最初に分数部分を整数にかえて型を示す。徐々に分数に戻していく。
 ・答えをまず出して、そこから逆に計算の仕方をたどっていく。

A 4/5×2/3の計算
  (谷先生)
 ・1/(5×3)の□を図の中から見つけて、その8つ分を色塗りする。
 ・1/(○×△)がいくつあるかという考え方をする。

B 3×2/5の計算、5/9×3/4の計算(約分)
  (伊禮先生)
 ・3=3/1、7=7/1であることを確認する。
 ・約分のやり方
  5/9×3/4の場合、9と3を約分する。
 「3で約分して、9は3、3は1」
 ・約分をした後の式を書かない。
 ・約分をするときに引く線は「左上から右下に」
  (1と間違えないように)

C 分数のかけ算を使って(割合を表す分数)
  (横田先生)
 ・「○の△倍は□」という基本形をもつ。(割合の場合は、これに当てはまるように文字の式を作る)
 ・練習問題の3 「□gは1/4gの2/3」は、問題文をならべかえる。「1/4gの2/3は□g」

D 分数のかけ算を使って(図形)
  (吉田先生)
 ・イメージがわかない子のために、図を描いて確認する。(直方体など)
 ・これは図形の公式が身に付いていればできる。

E 分数のかけ算を使って(時間)
  (東先生)
 ・難しい。時計の絵の中で考えるべきか。
 ・伊禮先生の報告待ち(報告していただけましたね。ありがとうございます)


次回、法則化福袋は11月11日(土)です。

【次回課題】○年生12月教材について授業しましょう。
できるだけ早く参加表明をしていただいた方の学年を優先したいと思います。教科書会社も合わせて教えてください。