法則化福袋7月例会の報告


【法則化福袋】9月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
片岡直子先生
大西永祐先生
伊禮徳彦先生
梶野修次郎先生
谷直美先生
村岡壮一郎先生
横田純一先生
福原正教

(欠席連絡)
年光恵子先生
東照久先生


【1】模擬授業

@ 松本先生「歴史的仮名遣い第7回」
ついに第7回まで来ましたね。私は過去6回のうち3回は受けています。それで、何となく分かったような気分になっていました。しかし、奥が深い。今日の結果は4問中1問のみ正解。うーん、極めたいですね。
日本国憲法は歴史的仮名遣いで書かれているという新情報もいただきました。

A 片岡先生「わり算筆算の仕方」
声がすごく聞き取りやすく授業を受けていてここちよかったです。途中言われた「写すのも勉強ですよ」私は最近、きちんと心をこめて言っていなかった気がします。
指で隠すところ、説明しようとしたらぐちゃぐちゃになってしまいやすいですね。「10の束だと考えて指で隠します」とさらっといければいいですね。

B 伊禮先生「単位量あたりの大きさ」
学校図書の流れで組み立てられていました。作業の仕方が分かりやすいし、視覚的にこみ具合が分かりました。伊禮先生の授業中のちょっとした切り返しなどがとてもいいなと思いました。私はそれが苦手なのです。
後で梶野先生が出された「家根内先生の授業」、さらにすごかったです。後の問題にも転用できるのがいいですね。

※ 大西先生、授業を用意していただいていたのに、時間がなくて申し訳ありませんでした。時間のマネジメント勉強します。


【2】リレー教材 4年算数「2けたでわるわり算」
・60÷20
 (片岡先生)上述の模擬授業にて。
・筆算の仕方 96÷33
 (大西先生)
・かりの商の立て方(2) 170÷34
 (谷先生)
・かりの商の立て方(3) 326÷36
 (伊禮先生)
・2けたでわるわり算(2) 322÷14
 (伊禮先生)
・322÷14の筆算の仕方
 (片岡先生)
・商に0の立つ計算 607÷56
 (梶野先生)
・わり算やかけ算のきまり 1500÷500
 (松本先生)
・練習問題の扱い方
 (福原)

みんなで、この単元を順番にリレー授業しました。(考える時間は10分間)

私の学びを書きます。
・×をはっきり書かせる。×を書くのはけっこう楽しい。正解に到達したときの喜びは大きいものだ。
・声かけ「お勉強のできる人のノートはたくさん×がつきます」
・答えの読み方「99÷33=3 あまり0です。補助計算は33×3=99です」
・商を立てるときに、割られる数を指で隠してずらしていく。
・326÷36の場合、1の位に10を立てる。
・×がついた後、やりなおすとき、×がつく手前までは、子どもに言わせないで、教師がさっと説明しながらもう一度板書する。
・子どもが「めんどくさい」と言ったとき、「人生の中でこのわり算の勉強をするのは今だけなのです。がんばりましょう」
・筆算の途中で引けないとき(32−42)などは、子どもに指名しない。こちらで「写しますが、32から42は引けませんね」×をつける。
・おろす矢印は書かない。
・「何をどこに写しますか」 聞くときの必然性
・「47の中に56はいくつありますか?」「0です」
 「56×0=00」筆算をして写す。
・わり算やかけ算の決まりで、「こちらも÷10、こちらも÷10、答えは同じ」という決まった唱え方。


次回は、ビデオを用意します。今日の例会の様子をとっておかなかったのは痛恨です。



次回、法則化福袋は10月7日(土)です。

【次回課題】○年生11月〜12月教材について授業しましょう。
できるだけ早く参加表明をしていただいた方の学年を優先したいと思います。教科書会社も合わせて教えてください。


【福袋プレゼント企画 第4弾】
8月例会で作成した各種リンク集をプレゼントします。調べ学習にかなり有効なはずです。