法則化福袋7月例会の報告


今回、11人の参加者(過去最高)でした。ありがとうございました。


【法則化福袋】8月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
東照久先生
大中州明先生
梶野修次郎先生
年光恵子先生
近藤光弘先生
田中直行先生
村岡壮一郎先生
谷直美先生
丸山美香先生
福原正教

(欠席連絡)
横田純一先生
伊禮徳彦先生


【1】模擬授業

@ 松本先生「歴史的仮名遣いに関する覚え書き」
松本先生は、歴史的仮名遣いに現在はまっておられるそうです。これは講義でしたが、とにかく深い! ただでも教材研究の深さでは、日本有数だというのに、そのエネルギーが今は仮名遣いに向いているのですから。これから、どこまで深くなっていくのか本当に楽しみです。

A 東先生「蛇と森林」かな?
日本は蛇を神として祭り、森を大切にしてきたという授業です(よね? 違っていたらごめんなさい)。「春を生、冬を死」と定義づけて、そのサイクルを繰り返すというのは、何となくそういう気がします。この授業もとてもおもしろかったです。どんどん深くしていってください。

B 大中先生「電気であかりをつけよう」
二次試験対策の授業ですよね。乾電池と豆電球で、あかりがつくとき・つかないときのつなぎ方の違いを考えるというものです。「ソケットに入れた」という条件が入っていなかったら、豆電球・導線、乾電池を渡して、「あかりがついたら持ってきなさい」ですむのですけどねえ。途中入った梶野先生、松本先生の発展はおもしろいですねえ。3年生をもったらぜひしてみます。

C 梶野先生「What day is it?」
習熟のためのゲームがいくつも組まれていて、おもしろかったです。時間があれば、他のゲームの紹介もしていただけたのですが・・・。またの機会に。
英語カルタだけでも、いろいろな使い方ができますね。いろいろなパターンを知っていたら、子どもにあきさせずに授業を組み立てられますね。2学期の公開が楽しみです。

D 近藤先生「分数」
昨日、私が法隆寺でしたところをしていただきました。東書は分かりやすいですね。昨日、田中先生がされた啓林館も素晴らしかったです。こうやって見ると、大書のひどさがよく分かります。この部分は、教科書を使わないで、東書をプリントしてしようと思います。
今日、見せてもらったら、教科書だけの違いではなく、近藤先生の持っていきかたが見事でした。指導案を見ながら、練習しているところです。

E 田中先生「あけてもいいかな」
絵本を使ったライフスキルの授業でした。ただ絵本を読み聞かせているだけなのですが、C表受験者の力が出ますね。どんどん引き込まれていきました。
絵本の最後に、おおかみが「あんな大きな声を出されちゃなあ」とぼそっと言うのです。これを最後に聞くと、「大きな声で助けを求めるのがすごく大切なんだな」というのが、心にしみこんできます。

F 村岡先生「絵本の紹介」
あきやまただしさんの絵本を3つ紹介していただきました。
「はなかっぱ」
「へんしんおばけ」
「あっちゃん、あがつく」
松本先生が、「へんしんおばけ」の読み聞かせをされました。うまい!!

G 福原「分数のたし算」
見たら分かるものに補助計算? を入れていたので、すごくくどかったです。梶野先生の代案「分母を指で隠しなさい」はすごく有効ですね。それだけでしんどい子も十分です。
昨日、今日と算数の2学期単元をしているのですが、本当にやってよかったです。1学期は、TOSSデーの練習以外で算数はしませんでしたから。どんなに分かりにくい授業をしていたのだろうと我ながら恐ろしくなります。
特に算数は、事前にどこかのサークルで授業してから、子どもたちの前に立とうと思いました。
「チェンジ オブ ペース」も気をつけます。

H 松本先生「仮名遣いの勉強」
実は私これ3回目なのです。難しい内容なのですが、何回も受けるうちに違いが分かってきました(といいつつ、2問目間違えましたが)。
百人一首をしている子は、確実に文語が得意になっていきますよね。


【2】社会のリンク集を作ろう
いろいろと貴重な情報をいただきました。次回、作って持ってきます。


次回、法則化福袋は9月16日(土)です。

【次回テーマ】○年生2学期教材について授業しましょう。
できるだけ早く参加表明をしていただいた方の学年を優先したいと思います。私もその学年の算数教材を用意しておきます。


【福袋プレゼント企画 第4弾】
8月例会で作成した各種リンク集をプレゼントします。調べ学習にかなり有効なはずです。