法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】6月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
伊禮徳彦先生
礒川裕美先生
谷直美先生
大中州明先生
横田純一先生
梶野修次郎先生
福原正教

(欠席連絡)
浅尾真治先生
東照久先生

【1】模擬授業

@ 松本先生「風景−純銀もざいく」
いちめんのなのはな の詩です。あれは風景という題名だったのですね。本当に詩というよりは、絵ですね。この授業の中の私の一番の驚きは純銀もざいくの解釈でした。くわしくは、向国の向山先生のコメントで。(この解釈についてコメントされていたら本当におもしろいなあ)

A 伊禮先生「体積」
ブロックが連なっているのを見て「もしや」と思いましたが、やはりブロックが動きましたか。これは考えやすいですし、子どもを引きつける効果抜群ですね。松本先生の言われたように、ばらばらにしたものを一つ一つ組み上げるということをしていくと、勉強のしんどい子もすとんと落ちるのではないかと思います。
関連して、ノートブックのマイコンテンツの使い方が広がりよかったです。

B 福原「メダカの雌雄」
これは、昨日の教室での実践です。メダカを描かせて違いを説明させた後、メダカの観察をさせました。
その後、班に2匹だけメダカを渡し(子どもがとる)、6月末までにどこまで増やせるか呼びかけました。
戸井和彦先生の追試です。(No1133146)
2時間、子どもの目の色がかわりました。月曜日にどんなものを持ち込んでくるのか楽しみです。

C 大中先生「日本の工業」
採用試験「工業の種類を理解するための導入の授業」ということで、してもらいました。

食パンの届く先=家と生産場所=小麦畑をそれぞれ端に書き、間をつないでいくという授業でした。私は残念ながら工場くらいしか出てきませんでした。
身近にあるものをさっと使うというのはとても有効で、「これはすごい」と思わせるに十分なので、身近にあるものを4つ5つ出し、それを分類するのはその他いろいろなことに応用でき、有効な指示ではないかと思います。

D 横田先生「通分」
昨日の法隆寺の授業の続きです。模擬授業を確実に教材研究に使われる横田先生の姿勢がすばらしいです。(私は最近いきあたりばったりになっています。反省) 
また、昨日、松本先生から指摘されていた定義の読み方をばっちり身につけていました。ここらへんの吸収力のはやさもさすがです。
伊禮先生や横田先生に見習って、福原も算数に力を入れていきます。

【2】漢字スキル我流チェック
「練習のページ」 「テストの練習のページ」 「テスト場面」に分けて、実践を見せてもらいました。
いろいろな実践を見比べて、福原の実践はちょっとくどくどしつこいなという印象を受けました。もっとすっきりさせてもいいかもしれませんね。ここから少しずつけずっていきます。
今回、この企画をしてずいぶん得をしました。5年間にわたり、テストを我流でしていたことが判明しました。こんなに大きな我流があったとはびっくりです。
時々、他の人の目でチェックしてもらうことが必要だなと改めて思いました。


今回、9:00から行いましたがあっという間に時間が過ぎていきました。参加者8人ということで、一人一人の実践にすごく長く時間がかけられるのも良かったです。

次回、法則化福袋は7月8日(土)です。

【次回テーマ】お楽しみ会アイデア募集
今までどのようなお楽しみ会をされてきましたか? お料理、ミニ運動会、映画会など、今までされてきた催し、アイデアを交流しましょう。今学期最後のイベントを楽しく成功させて、気持ちよく夏休みを迎えましょう。

【福袋プレゼント企画 第3弾】
昨年度、2年福原学級で最後の大きな盛り上がりを作ったオペレッタをCDにしました。2回の公演の様子はもちろん、練習場面映像もおさめられています。すぐに追試できるように、劇中に使われた音楽、シナリオも入れてあります。低学年から中学年まで使えるシナリオです。どうですか、学年度末の音楽に?