法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】5月例会の報告をさせていただきます。

松本隆行先生
東照久先生
伊禮徳彦先生
礒川裕美先生
梶野修次郎先生
澤田好男先生
澤田あかね先生
谷直美先生
福原正教

(欠席連絡)
横田純一先生
吉田愛先生

【1】模擬授業

@ 松本先生「みんなで1・2・3」
音楽の授業です。教科書の写真を使って、いろいろなあいさつを次々とさせていく楽しい授業でした。私も昨年、歌の途中にあいさつをはさんで歌っていました。とても盛り上がりますね。
1・2・3の全てであいさつをかえていたのが、少しせわしないかなという印象も受けました。1年長いので、「今日は1番フランス、2番日本でね」と通して同じあいさつでもいいかなと思います。

A 伊禮先生「明日香めぐり」
伊禮先生、最近行事とからめたものが多いですね。ぜひとも、遠足の際には使わせていただきたいと思います。一番、感銘を受けたのは、石舞台古墳の形名ですね。普通の授業でも盛り上がるところだと思います。オリエンテーションとしてばっちりですね。

(今回、この後の課題に時間をさいたため、模擬授業ができませんでした。準備していただいたみなさま、申し訳ありませんでした。)


【2】4年生の実践

@ 伊禮先生「わり算の筆算」
A 福原「およその数」
B 東先生「東の中に漢字はいくつ?」

ここで、梶野先生が「わり算」と「およその数」の教科書部分をコピーしてくれました。5分間の教材研究の後、次々と即興の模擬授業。
礒川先生→伊禮先生→梶野先生→松本先生→
谷先生→松本先生→澤田先生→福原→
松本先生→あかね先生→福原→東先生→
梶野先生
ポイントポイントで入る澤田先生、松本先生、梶野先生の代案でとても濃密な時間となりました。
福原は各単元の導入部分をとても苦手にしているのですが、さすが梶野先生、うまい! すっと入っていけました。

いきなり模擬授業はさくらあゆの名物ですが、たまにやってみるとおもしろいですね。名物になるはずだと思いました。


今回は、澤田先生、松本先生、梶野先生というTOSSサークルの代表が集まり、すごく深い例会になりました。

次回、法則化福袋は6月10日(土)です。

【次回テーマ】漢字スキルの再点検。
新出漢字の練習、テストの練習、テスト、点数の言わせ方など、どの場面でもいいので挑戦してみましょう。ひょっこり顔を出す我流が見えてきますよ。

【福袋プレゼント企画 第3弾】
昨年度、2年福原学級で最後の大きな盛り上がりを作ったオペレッタをCDにしました。2回の公演の様子はもちろん、練習場面映像もおさめられています。すぐに追試できるように、劇中に使われた音楽、シナリオも入れてあります。低学年から中学年まで使えるシナリオです。どうですか、学年度末の音楽に?