法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良ml、TOSSデー奈良mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】3月例会の報告をさせていただきます。

吉田愛先生
東照久先生
多田友子先生
柴田裕美子先生
横田純一先生
村岡壮一郎先生
福原正教

(欠席連絡)
松本隆行先生
伊禮徳彦先生

【1】模擬授業

@ 吉田先生「社会の授業」
ものを使った授業です。「ないしょに」ということで、あまりくわしく書きませんが、持ち込んだものが個人的に印象深いものでした。はじめてTOSSの例会に行ったときに吉田先生がされた授業でした。うーん、懐かしい。

A 吉田先生「音読五十音」
続けて授業していただきました。最後のモグラ読みで、練習のためにいくつか読ませる部分を作ることがスモールステップになっていてよかったと思います。その際、どこを読むかはっきりさせるため、読む部分を○で囲ませました。とてもいい指示だと思います。

B 東先生「What's this?」
中学の数学教師である東先生の英語の授業です。この時点でものすごいですよね。
フラッシュカードでされたカードの中身が少し難しかったので(アプリコット?)、私はつまずいてしまいました。TOSSデーでは流れを見てもらうので、できるだけ易しいのをそろえた方がいいと思います。
それにしても、授業をしているときの笑顔がいいですね。

C 多田先生「絵本の読み聞かせ」
以前、法隆寺で見せていただいた金魚の絵本です。あの絵本はいいですね。とてもほのぼのします。また、多田先生が用意された金魚の指し棒がふわふわ動き、即座に分かるようになっていました。指し棒を動かし、さっと隠される動きも早く、混乱しないなと思いました。
多田先生の読み聞かせが「とり」ということで、プレ法隆寺しっとりして終わりそうですね。

D 柴田先生「なんばんめ」
一つ一つ指でおさえながら確認を入れられたのがよかったと思います。教科書に書いてあるのを基本形にして何度も何度も同じように読ませるのがいいと思います。
5分という短い時間なので、「○ばんめ」だけにしぼった方がよいと考えますが、他の先生にもご意見を聞いてみてください。「○ばんめ」と「○びき」を比べるのが「きも」かもしれませんしね。

E 横田先生「音読五十音」
くしくも吉田先生と同じ授業でした。松本先生もTOSSデーでされるのですよね。お三人の授業(講座)を比べながら聞くのもおもしろいと思います。
横田先生のすごいところは、「音読五十音」を全て覚えているところです。これだけで、参加者は驚愕ですね。今は記憶をひっぱりだしながらされている印象があるので、さらに覚えこまれ自然に詩が出るようになりましたら、合間のテンポにも余裕がいくようになると思います。(私はできないのに言ってます)


F 村岡先生「平均」
TOSSデー算数会場の模擬授業です。今から取りかかって準備しているのがいいですね。私はまだ単元も決めていません(野間先生ごめんなさい)。
一つ一つとてもていねいにおさえられているのですが、5分という持ち時間が決まっているので、扱わないところ、さらっと流すところを作られたらいいなと思います。まず、平均の出し方までは確実に行くように時間の配分を考えるといいと思います。(余裕があれば、練習問題まで)

G 福原「学級システムの作り方」
時間がなく、概略の説明に終わりました。梶野先生、今度また見てください。
橿原会場では、係と当番が別々のコマに分けられていましたが、いっしょに話をしておきたかったので、一つのコマの中でやってしまいます。
朝、起きてからレジュメを作ったのですが、まあまあいいものができたのではないかと思います。


【法則化福袋】は4月はお休みです。
みなさん、どうぞ奈良県のTOSSデーにどんどん参加してください。どの会場も講師が万全の準備をしてお待ちしています。よろしくお願いいたします。