法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】1月例会の報告をさせていただきます。

横田純一先生
吉田愛先生
東照久先生
村岡壮一郎先生
谷直美先生
福原正教

(欠席連絡)
梶野修次郎先生


【1】模擬授業

前座 福原「漢字文化の授業」
前回、TOSS金魚で行った漢字文化のサイトが完成しました。そのお披露目です。途中、4つのボタンから4つの場面にとびます。ただし、とんだ先から選択画面に戻れません。くわしいことを言うと、ムービークリップの画面からメイン画面に戻る方法が分かりません。研究中です。


@ 吉田先生「フィンガーペインティング」
特別支援の中でされていたそうですね。フィンガーペインティング初体験でした。低学年の子でも非常に喜びそうな授業でした。大人でも熱中してしまいますので、話を聞かせるときのけじめをきちんとさせないと、手がとまらないなあと思いました。福原は熱中して手をとめませんでした。

A 東先生「二等辺三角形の性質」
法隆寺に続く証明シリーズ第2弾でした。ノートを半分に分けて、左に三角形の作図、右に証明と。すっきりしていて分かりやすかったです。これはスマートボードで順番に作っていきたいですね。左画面に三角形。右画面に証明を書いて、クリックしていくごとに、証明ができあがっていく。出てきた証明に合わせた三角形の部分が赤くなる。・・・文で書いても分かりませんね。今度サークルでいっしょになったとき、話します。

B 谷先生「割合」
とてもあたたかい雰囲気のする授業でした。私たち男教師はなかなかそうした雰囲気を出せないので、うらやましいです。
割合の授業は難しいですね。福原は代案を出すことができませんでした。木村重夫先生のサイトに割合の授業がのっていたのを思い出したので、アドレスをのせておきます。右側の真ん中よりやや上のあたりです。
http://www1.ocn.ne.jp/~shigeo/index.htm.htm
でもこれ、6年生なんですよね。

C 村岡先生「割合」
最初の史記を立てるところまですごくテンポよくはやかったです。(横田先生の「もう何時間かした後なんですか?」という指摘はさすが!) その後も、言葉をきちんと確定されていました。百分率のところで少しペースが落ちたのは、「何倍したのですか?」という発問からですね。そこはとばして、「0、01は?」→「1%」、「0、02は?」→「2%」、「0、1は?」→「10%」という感じで、黒板でさししめしながら、テンポよく聞いてあげた方がいいなと思いました。

D 横田先生「2けたのかけ算の筆算」
授業の第一声からではなく、登場からひきつける横田ワールドでしたね。あのビデオの横田学級のすごさの一面が分かる導入?でした。学級のまとまりでは、福原学級は横田学級の足下にもおよびません。うーん、すごい。
ゆうれいの0ちゃんは、何年か前の向算で教えてもらったやり方です。このおかげで、位取りのミスは激減(というよりほぼ0になります) 

E 福原「新サイト」
詳細はないしょです。次の大和でします。
まだ、サイトを作っただけなので、大和の前に一回、授業としてすることができてよかったです。最初の音楽が長すぎたり、最後がびしっと終わらなかったり、課題も見えました。


【2】伝承遊び復活

福原のレポートがありました。

チョロ凧の作り方
折り紙、ミシン糸を使ってほんの何分かで作ることができます。隙間時間にできると思うので、ぜひお試しください。


次回、【法則化福袋】は2月18日(土)10:00〜です。
次回テーマは、「隙間時間にできること」です。
授業がはやく終わって、ちょっとだけ時間があくことってよくありますね。そんなときにおすすめのゲームなどなど・・・募集します。その場で準備に手間がかかるものはNGです。できたら、道具がいらない、かつ楽しいものがたくさん集まるといいです。