法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】12月例会の報告をさせていただきます。

今回は学期末のお忙しい中、横田先生と松本先生に参加いただきました。

横田純一先生
松本隆行先生
福原正教

(欠席連絡)
東照久先生
梶野修次郎先生
伊禮徳彦先生
谷直美先生


【1】模擬授業

前座 福原「1〜15までの数当て」
前日、法隆寺でした「1〜15までの数当て」の解説です。A〜Dのグループに入る数にはそれぞれ法則があります。キーワードは2のべき乗。松本先生の解説に、横田先生と福原がうなりました。(自分で出したのに・・・)

@ 松本先生「ハノイの塔」
おもしろかった! さっそく月曜日に2年生にしてみます。松本先生の知識の幅は広いなあと改めて感服しました。6年生の教科書にのっているということでしたが、作業だけなら2年生でも十分できます。今から子どもたちが熱狂する様が思い浮かびます。

A 横田先生「サーカスのライオン」追い読み
「サーカスのライオン」の追い読みでした。横田先生の授業では、いつも基礎を再確認させてもらえます。分かっているつもりだったことも実は理解が不十分だったり・・・。ここでも松本先生発のキーワード「読点や句点は音読のしるしではない。表記のための符号である」(文責・福原)が炸裂。「日本語の呼吸」という本でくわしく解説されているそうなので、買おうと思います。低学年の教科書では、「読点では1拍、句点では2拍あけましょう」ということが書いてあり、子どもの読みがおかしくなってしまいますからね。勉強します。


【2】学期末、見せたい映画はこれだ

松本先生、横田先生、福原のレポートがありました。

松本先生、何と38本紹介。福原もB5で4枚書きました。(うち3枚は子どもに見せられない趣味物ですが・・・。)
横田先生とは「フランダースの犬」がかぶったのがいいですね。これは2学期末、おすすめですよ。
松本先生の38本の中には、松本先生の嗜好作品も数多く入っている(笑)のですが、福原が知らないもので、「これは見せてあげたいな」と思えるものもいっぱいありました。冬休みにこのリストから何本か借りて視聴しようと思います。
福原もおすすめリストの中から、選りすぐりのDVDを持参しました。何本か貸し出しました。
次回も持っていきます。


次回、【法則化福袋】は1月14日(土)10:00〜です。
次回テーマは、「伝承遊び復活」です。お正月、伝承遊びをしてみませんか? クラスでされた報告でもいいですし、「こんなにすごい凧の作り方を知っている」というのでもいいです。昔ながらの遊びを文化としてクラスに持ち込みましょう。