法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】10月例会の報告をさせていただきます。

今回は雨の中(雨だからこそ)、7人の先生に参加いただきました。

松本隆行先生
横田純一先生
東照久先生
谷直美先生
上西晶子先生
伊禮徳彦先生
梶野修次郎先生
福原正教


【1】模擬授業

@ 伊禮先生「わたしたちの気象台」
雨でお子さんの運動会が中止ということで参加していただけました。朝からコンテンツを準備されたそうで、即席であそこまで授業されるのがすごいです。朝作られてすぐだったので、前半と後半の結びつきが弱いように思えましたが、じっくり作り込めば、伊禮先生ならスムーズにつなげられると思います。授業後の松本先生のスマートボード講義は本当に勉強になりました。ノートブックでのビデオの流し方ってみなさん知ってました?

A 上西先生「漢数字の成り立ち」
一から九までの漢数字の成り立ちについての授業でした。一〜三までは1年生でも指で予想できますね。四で「へー」、五から後は指でどうやって表すのか、一生懸命さがしてしまいました。1年生の子が小さい手でいろいろ予想を立てるところを想像するととてもかわいいですね。漢字の成り立ちは諸説あるということを話しておくと、保護者も納得ですね。ちなみに、私の懇談ネタはこの授業につなげていけると思います。

B 松本先生「わるばつ君(単位量あたりの大きさ)」
松本先生は昨日の金魚でも2つ授業されています。今日も1本。それも完全に別ネタなのです。毎回、ネタ何しようと悩んでいる私と大違い。懐が深いというか、ストックが多いというか、それだけですごいのです。(最近、教室で「〜なのです」という言い方を自然と使っています。松本先生の口調がうつってますね)
授業も松本先生らしいすっきりした授業でした。線分図を書くのはちょっとおっくうですが、この○は書きやすいし覚えやすい。×か÷か感覚的に分かるのもいいです。難単元ですが、これなら大丈夫そうですね。

C 横田先生「売るための工夫」
一番大事な売るための工夫は(  )である。なぜなら(  )だからである。
の(  )の中を入れる問題です。
お店を見学していろいろ聞いた後だと、いい復習になりますね。
これは、梶野先生の代案「横田ストアを作ります。いちばん大事なことは何ですか?」(福原文責−ちょっとニュアンスが違うかも) がいいと思います。自分たちの問題にすると、これが大切だという意見がいっぱい出てきそうですね。3年生をもったら、します。

D 東先生「方程式の利用」
昨日は国語、今日は本職の算数と、東先生も毎日フル活動です。すごい!
方程式を線分図として表されたのですが、方程式を線分図にするところで少し違和感を感じました。例会中にも言ったことですが、ここは文を読みしたがっていくのに合わせてそのまま式を書いていった方が、子どもの思考にそっていいと思いました。
例会でされなかった最後の問題もそうすると考えやすいですね。けど、これどこの教科書? 素直に中をxとしたらいいのに。なぜ、小をxとするのだ。不思議。


【2】学級懇談
梶野先生、福原が行いました。

梶野先生の「ほめる」という授業、とてもよかったです。梶野先生が「後から資料をわたす」と言っているのに、メモをとる手がとまりませんでした。ああいう話が保護者をひきつけるのですね。コンテンツごともらって次の懇談では、即使用です。ネタが確実に1つ増えました。よかったですよ。

福原は、4月最初という場面設定で、漢字文化の授業をしました。これは語りだけでしたが、コンテンツを使うともっといいものになるかと思います。こちらは、メモはとられないと思いますが、「おっ、今度の先生は違うな」と思わせるには十分だと思います。


【3】二次会
谷直美先生が見事教採に合格されました。二次会はそのお祝いをしました。
谷先生は校内研? のために、スマートノートブックで教材を作られていました。これが最初とは思えないようなすっきりしたもの。おまけにマスク機能まで使われていました。松本先生の助言で、さらにスマートなものに生まれ変わりそうです。次回はその授業を見れそうです。楽しみ。


次回、【法則化福袋】は11月12日(土)10:00〜です。
次回テーマなど、案内も含めて、できるだけ早く出すようにいたします。