法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良mlのみなさま
福原正教です。

【法則化福袋】9月例会の報告をさせていただきます。

運動会シーズンで忙しい中、5人の先生に参加いただきました。

松本隆行先生
田中直行先生
横田純一先生
東照久先生
谷直美先生
福原正教

【1】模擬授業

@ 松本先生「大名行列」
松本先生らしい切れのいい授業でした。答えるときに必ず「漢字二文字で」などと限定されるので、とても分かりやすくテンポがよかったです。途中の宿泊予約の話などは、言われて「なるほど」と思いました。こういうエピソードを入れると、参勤交代の大変さが実感として分かりますね。

A 田中先生「星と花」
田中先生らしいスマートな語り口の授業でした。最初、先生が範読されてから、みんなで読みましょうというのが基本をおさえられていてさすがだなと思いました。詩の内容は難しいですね。私は最初の「何で星が姉なの?」というところでつまってしまいました。授業後の松本先生の解釈を聞いて、納得しました。

B 東先生「1次方程式の解き方」
東先生は本当に授業がすっきりされましたね。後輩の身でこんなことを言うのは失礼きわまりないのですが、聞いていて中身がすっと入ってきました。先生は移項の原理を教えられてから移項の練習問題をされましたが、福原は、移項の練習をしてできるようにしてから、「実はこういうことだったんだよ」と、原理を教えると思います。私のやり方がいいかどうかは分からないのですが。

C 横田先生「行進の練習」
行進のときに気をつけられることを授業していただきました。先生をさくらにして見本を見せる。悪い例と良い例を見せるのはこの場合だけではなくいろいろなところで使えますね。体育主任ということでがんばってください。私はあまり横がそろっていなくても気にしないですがね。それは必達目標ではなく、努力目標だと思うのです。きっと横田先生もそう考えてらっしゃるとは思います。まあ、けどいろいろなしがらみもありますしね。

D 福原「おおきくなあれ」
いろいろな読み方で読む授業でした。「ぷるんぷるんちゅるん」をどのように読めばいいですか。という発問は、だめな発問だとは分かっていたのですが、何人か黒板に書かせるためにあえて出しました。後で、「ぷるん・・・」を黒板に書いてある「かわいらしく」とか「小さく」とかいうようにみんなで読ませます。松本先生から指摘されたように、「〜のように読む」という形で書きなさい。という発問の方がよかったかなと思います。

【2】朝の会
横田先生、松本先生、田中先生、福原が行いました。
松本先生と福原は、帰りの会をしてあいさつをしてから、帰り支度をする派。田中先生、横田先生は帰り支度をしてから、帰りの会をする派でした。ただ、早くした子に空白時間がおこらないように手は打たれていました。
今回、帰りの会というちょっとしたことですが、いろいろなやり方を目にすることができてとてもよかったです。


次回、【法則化福袋】は10月8日(土)10:00〜です。
2学期の学級懇談のネタを持ち寄ります。学級懇談を苦手にしている先生、「あー困ったな」と思われている先生、ぜひ、福袋においでください。