法則化福袋7月例会の報告


TOSS奈良mlのみなさま
福原です。

【法則化福袋】8月例会の報告をさせていただきます。

8名の方に参加していただきました。
横田純一先生
井田裕司先生
東照久先生
近藤光弘先生
柴田裕美子先生
上西晶子先生
松本隆行先生
谷直美先生


【模擬授業】
@ 上西先生「ぶらんこのせて」
 ノンタンシリーズの絵本をパワーポイントにのせての授業でした。絵本の読み聞かせは大切ですが、視線がぶれる、本が小さいなどの問題があります。絵だけを取り出し、パワーポイントで大きく見せてあげるのはいい方法だと思います。(福原CDにも、「かわいそうなゾウ」を同じ方法で作ったものを入れてあります)
 授業では、説明6で、先生が解説してしまうのではなく、「どうしたからよかったの?」「みんなならどうする?」というように、子どもから答えを引き出せたらいいなと思いました。

A 横田先生「24×3の筆算」
 場を積んできているのではじまりも落ち着いていますね。
 基本的に教科書どおりにやっていけばいいと思うのですが、「考え方」だけは、このままやると多少混乱しそうです。24×3の横式からかけられる数を分けて、4×3=12  20×3=60 と書き、そこから筆算にもっていった方がいいと思います。(ぐちゃぐちゃの書き方でごめんなさい)
 基本形の言葉が多いのでけずるのがいいと思います。松本先生か福原の、どちらか自分でぶれない方をお使い下さい。

B 井田先生「12×4の筆算」
 横田先生のプリントを使って授業されました。最初からそのつもりではないのですよね。その場でも、とにかく授業をしようという気概がいいです。
 横田先生と同じで、基本形を確定させて子どもにおろしてあげるのがいいと思います。


C 東先生「関数y=ax2のグラフ」
 最初、フラッシュカードで始められたのは中学校でも有効だと思います。フラッシュカードの最中、手元が動いていたので、きちんと固定させてください。(今回は会場が狭かったので後ろに下がれませんでした。本当は一歩下がられますね)
 グラフでは、一つ一つ指でおさえていくのが確実かなと思いました。x軸、y軸、原点などをきちんとおさえて確認されているのはさすがだなと思いました。懐かしかったです。

D 松本先生「靖国神社」
 靖国神社の授業は何回目でしょうか。そのたびに「あっそうなのか」という発見があります。近藤先生、東先生も言ってられましたが、かなりすっきりとまとまっていると思います。
 「山場」がないという意見をおっしゃっていましたが、最後の落としが「勉強してから自分の意見を・・・」ということなので、これ以上突っ込んでいくのはやはり危険なんでしょうね。個人的にはもっといってほしいですが、小学校で授業できなくなっちゃいますね。

E 柴田先生「水産業のさかんな地域」
 スマートボード初挑戦ということで記念になる授業だと思います。コンテンツに、余計な情報がいくつかありましたので、それを消していったらすっきりしたコンテンツができあがると思います。「消す」というのは、上から白の□をかぶせるということです。スマートノートブックの3段目ペンマークの横の□、そのいくつか右の線の色や輪郭線の設定をいくつかさわってみてください。いらってみると、すぐにできるようになると思います。


【学級ですぐに使えるレク&ゲーム】

@ 上西先生「サイコロふりとり」
A 近藤先生「夏休みクイズ12問」
B 福原「お悩み相談」

 先月の梶野先生のゲームと合わせて4つたまりました。また、よろしくお願いします。


 時間の配分が悪く、近藤先生、横田先生(2回目)に授業していただけませんでした。こういうことも授業力と同じですね。次回例会では、みなさんにきちんと授業していただけるように、うまく時間を配分したいと思います。
 ご参加いただいたみなさん、欠席連絡をいただいたみなさんありがとうございます。また、次回よろしくお願いします。