法則化福袋7月例会の報告


福原です。

7月9日(土)【法則化福袋】7月例会を行いました。
参加者は5人。

梶野修次郎先生
横田純一先生
谷直美先生
西井先生(ごめんなさい。下の名前知らなかったです)
福原  です。


模擬授業
@ 横田先生「ゆうすげ村の小さな旅館」
 ・はじめて見る話だったので、福原はとぼけた答えを書いてしまいました。ファンタスティックないい話ですね。横田先生は一つ一つの指示がきちんと決まってきたような気がします。

A 西井先生「ゆうすげ村の小さな旅館」
 ・無理を言って、してもらいました。音読のはじめにきちんとおさえていこうとするところがとてもていねいでした。しかし、福原も梶野先生と同じく、指でおさえないで、いきなり読み始めていくと思いました。けど、いきなり指名されて、何かしようというのはすごいことだと思います。サークル参加はじめの福原はできません。

B 福原「丸、点、かぎ」
 ・指示がぐちゃぐちゃな上、確定していないので、大混乱を起こしました。内容もちょっと下品ですね。今日は梶野先生の代案どおりにしましたよ。

C 福原「未知へ」
 ・しょうこりもなく、またしました。授業づくりセミナーで、澤田先生がしてくださった発問・指示で授業したのですが、似ても似つかない授業でした。テンポが全然違うのをやりながら感じていました。

D 梶野先生「すき焼きビンゴ」
 ・教室熱狂のゲームです。原実践に梶野先生の味付けがされ、とても楽しいゲームになっていました。1学期のお楽しみ会ではこれをしようかな。
 ・次回は、こういう隠れたゲームを持ち寄ることになりました。

E 梶野先生「大書のおかしなところをさがせ」
 ・大書3年生「時計」の単元で、たった2ページの中でごろごろと???なところが見つかりました。「わざわざ分からんようにしとるんかい!!」と思わずつっこみたくなるような代物です。横田先生が他会社の教科書を持っていたので見せてもらうと、わかりやすさが段違い。

F 福原「変身ウルトラセブン」
 ・図工です。何年か前、松本先生がまほろばに持ってきたものをそのまま持ってきました。紙をめくれば、ウルトラセブンが大変身。


というわけで、7月例会は盛況のうちに終わることができました。
その後、梶野先生、横田先生、福原は下のケンタッキーで二次会。谷先生はお子さんのお迎え。西井先生はサークルのはしご!! (すごい)

8月例会案内も、できるだけ早く出したいと思います。
参加していただいたみなさま、本当にありがとうございました。